芸能人・経営者のおくやみ情報

ガブリエル・リップマンGabriel Lippmann

物理学者[ルクセンブルク→フランス]

1921年 7月13日 死去享年77歳

ガブリエル・リップマン - ウィキペディアより引用

ジョナス・フェルディナンド・ガブリエル・リップマン (Jonas Ferdinand Gabriel Lippmann、1845年 8月16日 - 1921年 7月13日)は ルクセンブルク生まれのユダヤ人の物理学者、発明家。
光の干渉現象に基づいた天然色写真の技法の開発により、ノーベル物理学賞を受賞。
生涯 ルクセンブルクにてフランス系ユダヤ人の家に生まれる。
3歳のとき一家がフランスに戻り、パリに移り住んだ。
そこで、自宅で両親から教育を受ける。
1868年、高等師範学校に入学。
しかし興味のある科目しか勉強しなかったため教員試験に受からなかった。
1873年、フランス政府から科学教育の技法についてドイツで学ぶことを指示され、ドイツに赴いた。
ハイデルベルク大学ではウィルヘルム・キューネとグスタフ・キルヒホフの下で学び、ベルリン大学ではヘルマン・フォン・ヘルムホルツの下で学ぶ。
1875年にパリに戻って研究を続け、1878年にソルボンヌの研究員、1883年に同物理学教授となった。
リップマンは小説家ヴィクトール・シェルビュリエの娘と1888年に結婚している。