芸能人・経営者のおくやみ情報

ヴィクター・ヤング 氏Victor Young

作曲家[アメリカ]

1956年 11月10日 死去脳出血享年58歳

ヴィクター・ヤング(Victor Young, 1899年8月8日 - 1956年11月10日)は、アメリカ合衆国の作曲家、指揮者、編曲家、ヴァイオリン奏者。
代表曲としてジャズのスタンダードとなった「Stella by Starlight」がある。
イリノイ州シカゴ出身のユダヤ系。
最初コンサートヴァイオリニストとして出発したが、テッド・フィオリト楽団に参加したことで、ポピュラー音楽の分野に移った。
多くの軽音楽を作り、ビング・クロスビーなどの歌手に曲を提供した。
1930年代中頃より映画音楽に専念するために、ハリウッドに移った。
彼はアカデミー賞に22回ノミネートされたが、生前に受賞することはできず、死後に『八十日間世界一周』(1956年)でアカデミー作曲賞を受賞した。
『ゴールデン・ボーイ』(1939年)、『誰が為に鐘は鳴る』(1943年)、『ラブレター』(1945年)、『サムソンとデリラ』(1949年)、『愚かなり我が心』(1949年)、『血闘』(1952年)、『静かなる男』(1952年)、『戰う雷鳥師団』(1952年)、『シェーン』(1953年)などがある。

 アメリカの作曲家、ヴァイオリン奏者、指揮者。1899−1956。死後、「80日間世界一周?」のテーマソング「around the world」その他でアカデミー作曲賞を受ける。 (引用元 Hatena Keyword)