芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャン・デュビュッフェ 氏Jean Philippe Arthur Dubuffet

画家[フランス]

1985年 5月12日 死去享年85歳

ジャン・デュビュッフェ - ウィキペディアより引用

ジャン・デュビュフェ(Jean Dubuffet, 1901年7月31日 - 1985年5月12日)は、20世紀のフランスの画家。
アンフォルメルの先駆者と見なされ、従来の西洋美術の伝統的価値観を否定して、「生の芸術」を提唱した。
デュビュフェはフォートリエ、ヴォルスらとともに、アンフォルメル(「非定形」の意。
1950年代に盛んになった前衛美術運動)の先駆者と見なされ、20世紀美術の流れをたどる上で重要な画家の一人である。
彼は、若い頃にパリで絵画を学んだこともあったが、やがてワイン商をしていた父の仕事を継いだ。
本格的に画家として立つことを決意したのはかなり遅く、40歳を過ぎてからのことであった。
彼は1946年、パリのルネ・ドゥルーアン画廊で「ミロボリュス・マカダム商会、厚塗り」という奇妙な題名の個展を開く。
マカダムとは、道路のアスファルト舗装工法の基礎を築いた人物の名前である。
実際、この個展に展示された作品群は、砂、アスファルト、ガラス片などを混入した、まるで道路の表面のような厚塗りの画面に子供の落書きのような筆致で描かれたもので、見る人を困惑させた。

1901年7月31日生まれの20世紀のフランスの画家。 アンフォルメルの先駆者と見なされ、従来の西洋美術の伝統的価値観を否定して、「生(なま)の芸術」を提唱した。 (引用元 Hatena Keyword)

「ジャン・デュビュッフェ」と関連する人物(故人)