芸能人・経営者のおくやみ情報

赤坂小梅 氏(あかさかこうめ)

歌手[日本]

1992年 1月17日 死去心不全享年87歳

赤坂 小梅(あかさか こうめ、1906年4月20日 - 1992年1月17日)は、昭和時代に活躍した日本の芸者歌手。
本名:向山 コウメ。
福岡県田川郡川崎町出身。
九人兄姉の末娘に生まれた。
生後10日目に母を失い、長姉によって育てられる。
幼少時から芸事が大好きで花街の歌声や三味線の音色を聞きながら育ったという。
1920年16歳のときに自分の意思で芸者になった。
この時代自分から芸者になることは大変珍しく、周囲の人間は猛反対したが、どうしても芸者になりたかったという。
小倉の旭検番より芸妓名「梅若」で初座敷、美声と気風の良さで知られた。
明け方に座敷がはねた後、朝、船に乗って朝鮮に遊びに行ったなどという逸話も残っている。
1929年福岡を訪れた中山晋平、野口雨情ら音楽関係者らが料亭で彼女の歌を聞き、その美声に驚嘆した。
梅若の才能を認めた作曲家藤井清水の紹介でビクターに「小倉節」など新民謡を、小倉旭券梅若の名義で数曲吹き込む。
1931年上京。
後援者清水行之助の紹介で赤坂若林から赤坂小梅と改名、お披露目をして鶯芸者としてならした。

  • 題名
    女の花道 (1981年)
    著者
    赤坂小梅
    発売元
    けいせい出版
    ページ数
    323ページ
    発売日
    1981-04
    新品価格
    中古商品
    ¥ 1,789 より

歌手 福岡・小倉出身の芸者。1931年に上京し、赤坂小梅として歌手デビュー。1933年の「ほんとにそうなら」で大ヒットさせる。また、「黒田節」を広めたのも彼女であり、「小梅の黒田節か。黒田節の小梅か」と言われるまでになる。 1992年1月に死去。2007年にドキュメンタリー映画「小梅姐さん」を完成させた。 (引用元 Hatena Keyword)

「赤坂小梅」と関連する人物(故人)