芸能人・経営者のおくやみ情報

豊道春海 氏(ぶんどうしゅんかい)

侶・天台宗、書家[日本]

1970年 9月26日 死去享年93歳

豊道春海(ぶんどう しゅんかい、1878年(明治11年)9月1日 - 1970年(昭和45年)9月26日)は、大正から昭和に活躍した天台宗の僧、書家。
幼名は川上 寅吉(かわかみ とらきち)、得度後の僧名は慶中(けいちゅう)。
別号に龍渓(りゅうこく)、谷門道人(こくもんどうじん)、天門海翁(てんもんかいおう)がある。
栃木県佐久山町(現大田原市)の出身。
子に天台僧で書道家の印南溪龍、孫に天台僧で書道家の印南溪峻がいる。
六歳で僧籍に入り、1890年東京浅草華徳院住職となる。
91年より書を西川春洞に学んで、六朝風の楷書に独自の書風を作り出した。
1914年東京大正博覧会で千字文が銀牌となる。
同年瑞雲書道会を主宰、1930年(昭和5年)に泰東書道院を設立し、戦後は日本書道美術院創立に尽力し、1947年日展に五科〈書部門〉を設置することに力を尽くした。
1947年(昭和22年)に院芸術院会員となり、62年天台宗大僧正、1963年大田原市の初代名誉市民、1967年(昭和42年)には文化功労者に選ばれた。

ぶんどう-しゅんかい 1878-1970明治-昭和時代の書家,僧。明治11年9月1日生まれ。23年東京の天台宗華徳院住職。24年より書を西川春洞にまなぶ。日本書道作振会,泰東書道院創立の中心となる。昭和22年芸術院会員。日展書部門の開設,日本書道連盟の結成などにつくした。42年文化功労者。昭和45年9月26日死去。92歳。栃木県出身。旧姓は川上。幼名は寅吉。法名は慶中。別号に海翁,竜渓。 (引用元 コトバンク)

「豊道春海」と関連する人物(故人)