芸能人・経営者のおくやみ情報

レイ・ラブロック 氏Ray Lovelock

俳優[イタリア]

(旧名義 : レイモンド・ラブロック)

2017年 11月10日 死去享年68歳

レイ・ラブロック(Ray Lovelock, 1950年6月19日 - )は、イタリア・ローマ出身の俳優。
以前はレイモンド・ラブロック(Raymond Lovelock)の名義で活動していた。
イタリア人の母とイギリス人の父の間に生まれ、ローマのトラステヴェレ地区で幼少期を過ごす。
デビューは15歳でジョン・シュレシンジャー監督の『ダーリング』に端役として出演、16歳の時にローマの「パイパー・クラブ」で、友人の俳優トーマス・ミリアンのバンドで歌っているところを見出され、1967年、ジュリオ・クエスティ監督『情無用のジャンゴ』で本格的に俳優としての活動開始。
並行してトーマス・ミリアンのバンド、及びソロで音楽活動を行う。
1969年、『ガラスの部屋』で初主演し、特に日本ではフランスのルノー・ヴェルレーと並び1971年頃まで若い女性からアイドル的な人気を博した。
訪日経験もあり、日本でオリベッティ、森永製菓のCMに出演、小薗江圭子作詞、浜圭介作曲の『恋は風』(B面は渡辺貞夫作曲の『ガラスの影』)、週刊セブンティーン懸賞応募優勝曲『白い影と青い影』(作詞者は一般人で、作曲は鈴木邦彦。

「レイ・ラブロック」と関連する人物(故人)