芸能人・経営者のおくやみ情報

ヘンリー8世Henry VIII

イングランド国王[イギリス]

(ユリウス暦) 1547年 1月28日 死去享年57歳

ヘンリー8世 - ウィキペディアより引用

『ヘンリー8世 (イングランド王)』より : ヘンリー8世(Henry VIII, 1491年6月28日 - 1547年1月28日)は、テューダー朝第2代のイングランド王(在位:1509年4月22日(戴冠は6月24日) - 1547年1月28日)、アイルランド卿、のちアイルランド王(在位:1541年 - 1547年)。
イングランド王ヘンリー7世の次男。
百年戦争以来の慣例に従い、フランス王位の要求も継続した。
6度の結婚に加えて、ローマ・カトリック教会からのイングランド国教会の分離によって知られる。
ローマと対立し、修道院を解散し、自ら国教会の首長となった。
だがローマによる破門のあとも、カトリックの教義への信仰は失わなかった。
また、ウェールズ法諸法によって、イングランドおよびウェールズの統合を指導した。
1513年には神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世と連合して、1544年には神聖ローマ皇帝兼スペイン王カール5世と連合してフランスを攻めるが、どちらもハプスブルク家からの援助は最小限であり、膨大な戦費に堪えられず失敗に終わった。

ヘンリーはっせいHenryVIII [生]1491.6.28.グリニッジ[没]1547.1.28.ロンドンイギリス,チューダー朝第2代のイングランド王(在位1509~47)。ヘンリー7世の二男。兄アーサーの死により,1509年即位,兄の妃であったカサリンと結婚。治世の初期はトマス・ウルジーを重用し,その献策で大陸の複雑な国際関係に介入,均衡策でイングランドの利を求めた。王妃カサリンとの間には長女メアリー(のちのメアリー1世)のほか5人の子をもうけたが,王子が生まれなかったことから,女官アン・ブリン(1533年のちのエリザベス1世を出産,男子には恵まれなかった)との結婚を望んだが,ときの教皇のクレメンス7世の同意を得られなかった。そこで1534年までに,教皇に上納していた聖職就任後初年度の収入を,以後イングランド国王に納め,国教のために使用する初年度収入税法,ローマ教皇庁に対する上訴を禁止する上告禁止法,国王至上法を発してイギリス国教会(アングリカン・チャーチ)を樹立。1536年には全国の小修道院を解散させ,教会が所有していた莫大な不動産を王室に移管し(→修道院解散),ローマ教皇庁から分離させ宗教改革を断行した。さらに北部大諸侯を牽制する北部裁判所の設立,アイルランド支配の強化,スコットランド,フランスとの戦争など,王権の拡張に努めた。6人の王妃のうち2人(アン・ブリン,カサリン・ハワード)を処刑し,ウルジー,トマス・モア,トマス・クロムウェルらの重臣を処刑ないしそれに近いかたちで死にいたらせるなど,残酷な面もあったが,国民には概して好評であった。1536年ジェーン・シーモアと結婚,男子(のちのエドワ …… (引用元 コトバンク)