芸能人・経営者のおくやみ情報

黒田長知(くろだながとも)

筑前福岡藩主[日本]

1902年 1月7日 死去享年64歳

黒田長知 - ウィキペディアより引用

黒田 長知(くろだ ながとも)は、筑前福岡藩の第12代藩主、初代知藩事。
生涯 天保9年12月19日(1839年2月2日)、伊勢津藩主・藤堂高猷の三男として、江戸柳原藤堂藩邸にて生まれる。
母は側室の妙貞院(橋本清娯の娘)。
嘉永元年(1848年)11月、11歳で福岡藩主・斉溥の養嗣子となり、黒田慶賛(よしすけ、「慶」は将軍徳川家慶からの偏諱)と名乗った。
幕末期の動乱の中では、親長州藩的な人物で、禁門の変などにおける長州藩の苦境に際し、朝廷や幕府に対して長州藩の赦免を求めている。
明治2年(1869年)2月5日、斉溥(改め長溥)の隠居により跡を継いで、第12代福岡藩主となり、同年6月の版籍奉還により知藩事となった。
この頃に名を長知と改めている。
明治4年(1871年7月2日)、当主となった2年後に、藩における太政官札偽造が日田知藩事の松方正義により告発され、知藩事を免職、謹慎させられる。
後任の知藩事には、長男の長成ではなく有栖川宮熾仁親王が就任したが廃藩置県まで12日という短さであった。