芸能人・経営者のおくやみ情報

堀田正睦(ほったまさよし)

下総佐倉藩主、老中首座[日本]

(元治元年3月21日没)

1864年 4月26日 死去享年55歳

堀田 正睦(ほった まさよし)は、江戸時代末期の大名・老中首座。
下総佐倉藩の第5代藩主。
正俊系堀田家9代。
生涯 出生・少年期 文化7年(1810年)8月1日、佐倉藩第3代藩主・堀田正時の次男(末子)として江戸邸で生まれる。
文化8年(1811年)4月、父の正時が死去したが、藩主は嫡系の正愛が継ぎ、その後に正愛の養子となった。
初名を正篤(まさひろ)という。
少年期の正篤は生母の体質を受け継いで丈夫な身体をもち、すくすく育ったという。
小鳥が大好きで、子供の頃から餌をやることが好きだったとされる。
また近習と仲間を1人ずつ連れて外に出て自然の中で遊んだり、渋谷広尾にあった下屋敷で母や姉と共にのびのびと暮らしたという。
家督相続・藩政 正愛には実子が文政2年(1819年)10月に生まれるも、翌年に早世した。
また正愛も病弱で、文政5年(1822年)春頃から肝臓を患い、2年後には危険な状態になったため、文政7年(1824年)、藩政を牛耳っていた老臣・金井右膳らは正篤を嫌って正愛の後見を務めていた堀田一族長老の若年寄・堀田正敦(近江堅田藩主)の子を藩主に擁立しようとした。

幕末期の政治家(1810.08.01-1864.03.21).老中.下総国佐倉藩主. 父は堀田正時.相模守・備中守. 従兄正愛(まさちか)の養子となり,1825(文政8)年遺領相続.29年奏者番就任以降,寺社奉行兼帯・大坂城代・西丸老中などを勤め,41(天保12)年に本丸老中となり天保の改革を支えたが,43年に罷免. 55年に阿部正弘の推挙により老中首座となり,翌年外国御用取扱.58年にアメリカ駐日総領事ハリスの出府・将軍謁見を実現.日米修好通商条約を審議し,条約勅許を求めて上京するが失敗. 直後,井伊直弼が大老に就任し,無勅許調印を行い,正睦は責任転嫁されて罷免,翌年隠居となり,62(文久2)年には蟄居. 学問振興のため藩校成徳書院・演武場を設立,蘭学者佐藤泰然を招き,日本初の私立病院順天堂を開設.これにより,「西の長崎,東の佐倉」と称されるほど蘭学が発展した. (引用元 Hatena Keyword)