芸能人・経営者のおくやみ情報

杉田玄白(すぎたげんぱく)

蘭学医[日本]

(文化14年4月17日没)

1817年 6月1日 死去享年85歳

杉田玄白 - ウィキペディアより引用

杉田 玄白(すぎた げんぱく、享保18年9月13日(1733年10月20日) – 文化14年4月17日(1817年6月1日))は、江戸時代の蘭学医。
若狭国小浜藩医。
私塾天真楼を主催。
父は杉田玄甫、母は八尾氏の娘。
諱は翼(たすく)、字は子鳳、号は鷧、晩年に九幸翁。
杉田氏は近江源氏である佐々木氏の支族である真野氏の家系。
後北条氏に仕えた真野信安のときに間宮姓に改め、子の長安の代に復姓。
医家としては、玄白で3代目にあたる。
同時代に活躍し、間宮海峡にその名を残す探検家である間宮林蔵は同族である。
生涯 江戸、牛込の小浜藩酒井家の下屋敷に生まれるが、生母は出産の際に死去している。
下屋敷で育ち、元文5年(1740年)には一家で小浜へ移り、父の玄甫が江戸詰めを命じられる延享2年(1745年)まで過ごす。
青年期には家業の医学修行を始め、医学は奥医の西玄哲に、漢学は本郷に開塾していた古学派の儒者宮瀬竜門に学ぶ。
宝暦2年(1752年)に小浜藩医となり、上屋敷に勤める。
宝暦7年(1757年)には江戸、日本橋に開業し、町医者となる。

すぎたげんぱく [生]享保18(1733).9.13.江戸[没]文化14(1817).4.17.江戸江戸時代中・後期の蘭方医,蘭学者。父は若狭国小浜藩酒井侯の藩医杉田甫仙。名は翼,字は子鳳,い斎のち九幸と号し,玄白は通称。幕府医官西玄哲の門で蘭方外科を修め,宮瀬龍門のもとで漢学を学んで藩医となった。京都の山脇東洋の古方派に強く刺激され,医学の進歩発展への意欲をいだいた。訳官吉雄幸作(耕牛)がオランダ貢使に随行してきたときオランダ外科を学び,蘭医学の精緻なことを知った。まもなく蘭訳解剖書『ターヘル・アナトミア』を入手する一方,明和8(1771)年小塚原処刑場にて死体解剖を参観し,蘭医書の正確さに驚き,翌日から前野良沢宅にて良沢,中川淳庵らとともに翻訳に着手した。訳書『解体新書』本文4巻,解体図1巻は改稿11回3年半を費やし安永3(74)年に完成した。このときの翻訳の苦心の様子は彼の晩年の著作『蘭学事始』(1815成稿)で詳細に追想されている。また,患者を診療するかたわら,学塾天真楼を開き大槻玄沢,杉田伯元ら多数の門人を育成し,蘭学の発達に貢献した。その他の著作『瘍科大成』『形影夜話』『狂医之言』『養生七不可』『和蘭医事問答』『後見草』『い斎日録』『乱心二十四条』『玉味噌』『野叟独語』。なお『蘭学事始』は明治2(69)年福沢諭吉が刊行した。 (引用元 コトバンク)