芸能人・経営者のおくやみ情報

毛利子来 氏(もうりたねき)

小児科医[日本]

2017年 10月26日 死去慢性心不全享年88歳

毛利 子来(もうり たねき、1929年11月27日- )は、日本の小児科医。
子供・障害児に関する著書を多数刊行している。
千葉県生まれ。
父は内科医、名前は、詩経の中の「霊台」の箇所に出てくる成語から取られたもの。
帝が民の楽しみのために霊台の建設を企てて、呼びかけたところ、女子どもまでもがやってきた、というくだりから取られたもので、「子どももやって来る」の意。
ふつう、「子来」を「たねき」と読んでもらえないので、自ら「たぬき先生」と称している。
父親は、第二次世界大戦の終了3日前に戦場で拳銃自決。
戦時中、岡山県の母方の祖父母に預けられるが、祖父は病死し、祖母も重症の火傷。
苦労して、岡山医科大学(現・岡山大学医学部)を卒業。
医師になってからは、大阪の社会的に底辺にある人たちの診療所などで勤務。
そうした診療所の看護婦をしていた女性と結婚。
その後東京に移り、原宿で小児科医院を開業。
幼児・子どもの見方、援助の仕方などについての世間の考え方を正し、そのための啓蒙に力を注ぐ。
同様の活動に殉じたヤヌシュ・コルチャックを尊敬しており、NHK・BS「わが心の旅」という番組で、1996年コルチャック先生の足跡を追って、ポーランド、ワルシャワを訪れた彼の旅の記録が放送された。

もうり-たねき 1929-昭和後期-平成時代の小児科医。昭和4年11月27日生まれ。昭和35年東京原宿で開業。母子保健や保育を歴史的に研究し,47年「現代日本小児保健史」を発表。集団保育,野外保育を原則とした「おひさまの会」を結成,「障害児を普通学級へ・全国連絡会」の世話人もつとめる。千葉県出身。岡山医大(現岡山大)卒。著作に「ひとりひとりのお産と育児の本」「孫をめぐるおとなの作法」など。 (引用元 コトバンク)

「毛利子来」と関連する人物(故人)