芸能人・経営者のおくやみ情報

金田一京助 氏

言語学者、民俗学者[日本]

1971年 11月14日 死去老衰享年89歳

金田一京助 - ウィキペディアより引用

金田一 京助(きんだいち きょうすけ、1882年(明治15年)5月5日 - 1971年(昭和46年)11月14日)は、日本の言語学者、民俗学者。
アイヌ語の研究で有名で、彼の成し遂げた研究は「金田一学」と総称されている。
岩手県盛岡市四ツ家町(現・本町通二丁目)出身。
國學院大學教授を経て東京帝国大学教授、國學院大學名誉教授。
日本学士院会員。
日本言語学会会長(二代目)。
東京帝国大学より文学博士。
栄典は従三位・勲一等・瑞宝章・文化勲章。
盛岡市名誉市民。
歌人・石川啄木の親友であったことでも有名。
長男の春彦、孫の真澄や秀穂も言語学者。
東京帝国大学の教授で恩師の上田万年の勧めで樺太アイヌの言語の研究を始めた。
しかし、当時はアイヌ語の研究者がほとんどいない時代で、言語学の聞き取り調査では最も重要な言葉の一つである「ここは何処?」ですら何と言うのかよく分らない有様だった。
そこで金田一は思案の末、訳の分からない絵を描いた紙をアイヌの子供たちに見せ、その反応から「何?」という言葉を聞き出すことに成功。

言語学者。岩手県生。東京帝大卒。アイヌ民族の言語・文学・民族に関する諸分野の学問的基盤を作り上げた。戦後は文部省国語審議会委員として敬語や現代仮名遣いの整理に活躍。また和歌を能くし、花明の号で「明星」に作品を発表。同郷の石川啄木と親交を結び、彼の良き理解者・庇護者となった。随筆も多い。東大等教授。文化勲章受章。昭和46年(1971)歿、89才。 (引用元 コトバンク)