芸能人・経営者のおくやみ情報

大川慶次郎 氏(おおかわけいじろう)

競馬評論家[日本]

1999年 12月21日 死去高血圧性脳出血享年70歳

大川 慶次郎(おおかわ けいじろう、1929年2月6日 - 1999年12月21日)は日本の競馬評論家。
東京府北豊嶋郡王子町15番地(現在の東京都北区王子)出身。
慶應義塾大学文学部心理学科卒業。
予想家としては通算4度パーフェクト予想を達成し、「競馬の神様」と呼ばれファンに親しまれた。
競馬評論家の大川智絵は長女。
幼少期・戦前 青森県八戸市の大平牧場で競走馬を生産するオーナーブリーダーであった父・大川義雄(高千穂製紙社長、通称「タイヘイ氏」)の二男として誕生。
実業家渋沢栄一の曽孫にあたる。
また「日本の製紙王」大川平三郎は祖父。
幼少のころより大平牧場や東京の外厩で競走馬を間近に見て育った。
また、義雄に連れられて競馬場にも足繁く通い、1938年の東京優駿を実際に観戦した最も古いレースとして晩年まで記憶していた。
終戦・大学時代 父の跡を継いでオーナーブリーダーとなることを志したが、太平洋戦争終結後に行われた農地改革の影響で大平牧場は人手に渡ることとなり、一競馬ファンとして生きることを余儀なくされる。

おおかわ-けいじろう 1929-1999昭和後期-平成時代の競馬評論家。昭和4年2月6日生まれ。渋沢栄一の曾孫。大川平三郎の孫。牧場主の次男に生まれる。昭和32年日本短波放送でデビュー以来,ラジオ,テレビ,競馬専門紙などで予想・解説を担当。36年9月の東京府中競馬場(現東京競馬場)での予想をはじめとして4度全レースを的中させ,「競馬の神様」とよばれた。平成11年12月21日死去。70歳。東京出身。慶大卒。著作に「最強の競馬学」など。 (引用元 コトバンク)