芸能人・経営者のおくやみ情報

戸坂潤(とさかじゅん)

哲学者[日本]

1945年 8月9日 死去享年46歳

戸坂潤 - ウィキペディアより引用

戸坂 潤(とさか じゅん、1900年9月27日 - 1945年8月9日)は、日本の哲学者。
来歴・人物 東京市生まれ。
青南小学校、東京開成中学校、第一高等学校(現東京大学教養学部)理科を経て、1924年京都帝国大学文学部哲学科卒業、同大学院進学。
京都高等工芸学校(現京都工芸繊維大学)講師、同志社女子専門学校(現同志社女子大学)講師、神戸商科大学講師、大日本帝国陸軍少尉等を経て、1929年大谷大学教授就任も、翌年検挙(一週間で釈放)。
1931年から1934年まで法政大学講師。
後に同大教授となる。
(1933年に法政騒動で教養学部辞職。
余波は続き1934年に文学部解職。
1935年、1938年検挙。
1940年保釈出所するも1944年に東京拘置所、空襲のため1945年に長野刑務所へ移送。
)ちなみに三木清は1930年に検挙されており、その意味で戸坂は三木の後任だったと言える。
もともとは物理学専攻であったが、後に西田幾多郎の下で哲学を学ぶ。
西田に師事する一方で、軍部のイデオロギーに観念論的に影響を与えたとして西田や田辺元らを批判した。

とさかじゅん [生]1900.9.27.東京[没]1945.8.9.長野唯物論哲学者。開成中学卒業後,第一高等学校理科を経て,1924年京都大学哲学科卒業。京都および神戸の専門学校,諸大学の教師を経て,31年東京に帰って法政大学の講師,教授となる。当時,すでに満州事変(1931)が始っており時勢は戦争へと傾斜していたが,神秘と非合理を徹底して排する科学的な精神をもった戸坂は,京大の先輩,三木清らを通してマルクス主義哲学に接近し,当時の政治状況に抗し32年には岡邦雄,三枝博音らとともに唯物論研究会を組織して機関誌『唯物論研究』(38年まで65号を刊行)を創刊した。34年思想不穏のかどで法政大学を免職になってからは唯研活動に全力量を投入,35年には『唯物論全書』(全66冊)の刊行を開始した。戸坂の唯物論の戦闘性は,文化,思想,科学のあらゆる問題に唯物論的視点から切込み,鹿子木員信,紀平正美らの日本主義,国家主義哲学,あるいは西田幾多郎,田辺元らの自由主義哲学とのイデオロギー闘争を先頭に立って推し進めたところにある。処女作『科学的方法論』(29)から『イデオロギーの論理学』(30),続いて『イデオロギー概論』(32),『科学論』(35),『日本イデオロギー論』(35)は,そのたたかいの軌跡であるが,それは同時に当時の政府の全体主義的文教政策としての教学精神に対する科学的精神の痛烈なる批判であった。しかし軍部独裁政治の台頭には抗しきれず,37年執筆禁止,38年には唯研事件により検挙され,44年大審院による懲役3年の最終判決を受け下獄,翌45年第2次世界大戦終戦を目前にしながら長野刑務所で栄養失調のため獄死した。『戸坂潤全集』( …… (引用元 コトバンク)

「戸坂潤」と関連する人物(故人)