芸能人・経営者のおくやみ情報

淡谷のり子 氏(あわやのりこ)

歌手[日本]

1999年 9月22日 死去老衰享年93歳

淡谷のり子 - ウィキペディアより引用

淡谷 のり子(あわや のりこ、1907年8月12日 - 1999年9月22日)は、青森県青森市出身の女性歌手。
本名:淡谷 のり(あわや のり)。
日本のシャンソン界の先駆者であり、ブルースと名の付く歌謡曲を何曲も出した由縁から「ブルースの女王」と呼ばれた。
叔父は元社会党の代議士・淡谷悠蔵。
身長150.3cm。
(4尺4寸) 生い立ち 1907年、青森の豪商「大五阿波屋」の長女として生まれる。
1910年の青森市大火によって生家が没落。
10代の頃に実家が破産し、1923年、青森県立青森高等女学校を中退し母と妹と共に上京。
東洋音楽学校(後・東洋音楽大学、現・東京音楽大学)ピアノ科に入学する。
後に荻野綾子に声楽の資質を見出されて声楽科に編入。
オペラ歌手を目指すためクラシックの基礎を学んだ。
しかし家がだんだんと貧しくなったため、学校を1年間休学して絵画の裸婦のモデルを務めるなどして生活費を稼いだ。
淡谷をモデルにした「裸婦臥像」は二科会に出展された。
その後、復学しリリー・レーマンの弟子である柴田稲子の指導を受け首席で卒業した。

あわやのりこ [生]1907.8.12.青森[没]1999.9.22.東京歌手。本名,淡谷のり。実家の呉服屋の倒産後上京。1929年東洋音楽学校(現・東京音楽大学)を卒業し,30年に『夜の東京』でレコード・デビュー。ポピュラー歌手となったことで,首席で卒業した母校の卒業者名簿から一時名前を消された。38年に発売した『別れのブルース』が大ヒットしたものの,日中戦争戦時下の時勢にふさわしくないと,翌年発禁処分を受ける。それでも『雨のブルース』(1938),『東京ブルース』(39)を続けて歌い,「ブルースの女王」の称号を得た。一方で,シャンソンやジャズ,タンゴを日本に紹介し,『暗い日曜日』(36),『人の気も知らないで』(38)『ルムバ・タムバ』(39)などがヒットした。戦時色が濃くなるにつれ活躍の場がせばめられたが,戦後はベトナム反戦運動への連帯,歌謡界への直言,人生相談など,歌以外の場でも活躍,72年に紫綬褒章を受章。著書に自伝『私のいいふりこき人生』(84年)などがある。 (引用元 コトバンク)