芸能人・経営者のおくやみ情報

福井敏雄 氏(ふくいとしお)

気象解説者[日本]

2005年 4月27日 死去老衰享年85歳

福井 敏雄(ふくい としお、1921年(大正10年)3月11日 - 2005年(平成17年)4月27日)は、日本の気象解説者・タレント。
徳島県海部郡日和佐町(現・美波町)出身。
現在の気象大学校の前身である気象技術官養成所を卒業後、陸軍技術中尉として陸軍気象部に所属。
戦後中央気象台(気象庁の前身)に転じ、徳島や彦根等の地方気象台勤務、並びに大阪管区気象台天気相談所長を歴任した。
同庁を定年の1年前である1980年(昭和55年)に退官し日本気象協会に移籍後、1980年11月より関西テレビの気象情報担当キャスターとして登場する。
担当番組でもある『ザ・モーニング630』は、日本で初めて気象衛星「ひまわり」の画像を同局で直接受信し、きめ細やかな気象解説を務めた。
気象解説のベテランだが、気象予報士の資格は終生持っていなかった(同資格が1994年からの創設であり、当時既にニュース番組のお天気キャスターを降板しており、福井自身が高齢だったため、「この歳で今更資格を取る気はない」と公言していたことが要因)。

気象評論家。タレント。 1921年3月11日生まれ。徳島県出身。 関西テレビのローカルニュース番組「アタック600」で気象予報を担当していたが、妙に力の入った喋り方と、「寒冷前線」を「寒冷"じぇんしぇん"」と発音するなどの個性的な解説に加え、予報が外れたときには視聴者に向かって「しゅみましぇんでした!」と謝罪するなど誠実なキャラクターが受けて、関西地方を中心に大ブレイク。「お天気おじさん」としてお茶の間の人気者となり、「福井のおっちゃん」、「福井しゃん」の愛称で親しまれる存在になる。 日本気象協会を定年退職後は、関西を中心にタレント活動や講演活動を展開。様々なバラエティ番組にも出演。『探偵!ナイトスクープ』『ダウンタウンのごっつええ感じ』『笑っていいとも!』『平成教育委員会』などで強烈な個性を発揮した。 俳句が趣味で、様々な番組で自作の句を披露していた。 2005年4月27日、老衰のため死去。84歳。 また、ウィキペディアでかつて記載された情報だが、その容姿が近江俊郎に似てることからテレビ番組で近江俊郎と共演が実現。福井は近江の「湯の町エレジー」が歌ったことがある。 (引用元 Hatena Keyword)

「福井敏雄」と関連する人物(故人)