芸能人・経営者のおくやみ情報

ウォルト・ホイットマンWalter Whitman

詩人[アメリカ]

1892年 3月26日 死去享年74歳

ウォルト・ホイットマン - ウィキペディアより引用

ウォルター・ホイットマン (Walter Whitman, 1819年5月31日 – 1892年3月26日) はアメリカ合衆国の詩人、随筆家、ジャーナリスト、ヒューマニスト。
超越主義から写実主義への過渡期を代表する人物の一人で、作品には両方の様相が取り込まれている。
アメリカ文学において最も影響力の大きい作家の一人でもあり、しばしば「自由詩の父」と呼ばれる。
発表当時の作品に対する評価は大きく割れ、特にその代表作の詩集『草の葉(en:Leaves of Grass)』は性的表現があからさまなところから「わいせつ」と評された。
ニューヨーク州ロングアイランドに生まれ、ジャーナリスト、教師、公務員として働き、南北戦争に志願看護師として従事する傍ら、詩を出版する。
活動初期には、禁酒運動小説 Franklin Evans (1842年) も発表している。
初め1855年に自費出版されたホイットマンの代表作『草の葉』は、アメリカの叙事詩を市井の人々に届けようという試みであった。
ホイットマンは1892年の死まで、この作品の拡充、改訂を重ねた。

Walt Whitman (1819–1892) アメリカの詩人。自由詩の父と呼ばれる。 (引用元 Hatena Keyword)