芸能人・経営者のおくやみ情報

小林一茶(こばやしいっさ)

俳諧師[日本]

(文政10年11月19日没)

1828年 1月5日 死去享年66歳

小林一茶 - ウィキペディアより引用

小林 一茶(こばやし いっさ、宝暦13年5月5日(1763年6月15日)- 文政10年11月19日(1828年1月5日))は、江戸時代を代表する俳諧師の一人。
本名を小林弥太郎。
別号は、圯橋・菊明・亜堂・雲外・一茶坊・二六庵・俳諧寺など。
宝暦13年(1763年)信濃北部の北国街道柏原宿(現長野県上水内郡信濃町大字柏原)の中農の長男として生を受ける。
3歳の時に生母を失い、8歳で継母を迎える。
継母に馴染めず、安永6年(1777年)、14歳の時、江戸へ奉公に出る。
25歳のとき小林竹阿(二六庵竹阿)に師事して俳諧を学ぶ。
寛政3年(1791年)、29歳の時、故郷に帰り、翌年より36歳の年まで俳諧の修行のため近畿・四国・九州を歴遊する。
享和元年(1801年)、39歳のとき再び帰省。
病気の父を看病したが1ヶ月ほど後に死去、以後遺産相続の件で継母と12年間争う。
父の発病から死、初七日を迎えるまでの約1ヶ月を描いた『父の終焉日記』は、私小説の先駆けと言われる。
文化5年(1808年)末には、遺産の半分を貰うことに成功している。

  • 題名
    <日本の粋>おもしろ名言・名調子~いっしょに唱えて若返り! ~
    歌手
    発売元
    キングレコード
    発売日
    2017年8月23日
    新品価格
    ¥ 1,944 より
    中古商品
    ¥ 8,100 より
  • 題名
    吟詠の友 11
    歌手
    アカボシユカ
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント(株)
    発売日
    1995年12月01日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    桜草 平成7年度課題吟
    歌手
    ミズシマカイホウ
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント
    発売日
    1995年1月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より
  • 題名
    浜茄子の花
    歌手
    フナバシキンプウ
    発売元
    コロムビアミュージックエンタテインメント
    発売日
    1994年1月21日
    新品価格
    より
    中古商品
    より

(1763-1827) 江戸後期の俳人。幼名、弥太郎、名は信之。別号、俳諧寺など。信濃国柏原生まれ。一五歳で江戸に出、俳諧を葛飾派の二六庵竹阿に学び、のち夏目成美の庇護を受ける。方言・俗語を交え、不幸な境遇を反映して屈折のある異色な作風を示した。老年帰郷し結婚したが、不遇の中に没した。著「おらが春」「父の終焉日記」など。 三省堂提供「大辞林 第二版」より (引用元 Hatena Keyword)