芸能人・経営者のおくやみ情報

辻善之助 氏(つじぜんのすけ)

歴史学者・日本仏教史[日本]

1955年 10月13日 死去享年79歳

辻善之助 - ウィキペディアより引用

辻 善之助(つじ ぜんのすけ、 1877年(明治10年)4月15日 - 1955年(昭和30年)10月13日)は、戦前の日本の歴史学者。
東京帝国大学名誉教授。
文学博士。
専門は日本仏教史。
仏教史研究から日本人の精神と日本文化の形成を探求し実証主義的研究を貫き、日本史学の発展に寄与。
兵庫県出身。
1877年(明治10年)4月、兵庫県姫路元塩町(現在の兵庫県姫路市元塩町)に生まれる。
父は善次郎。
母はつね。
神童の誉たかく、小学校・中学校と抜群の成績であった。
1893年(明治26年)に姫路中学校(現兵庫県立姫路西高等学校)より京都の第三高等中学校予科3年に編入。
翌1894年(明治27年)に学制改革で第三高等学校に改組の上、予科が廃止されると、他の高校に転属を余儀なくされたが、第一高等学校に転校することができた。
1896年(明治29年)に第一高等学校を卒業し、帝国大学(のちの東京大学)文科大学国史科に入学。
国史科への入学は、同郷の先輩三上参次(当時帝国大学文科大学助教授)の勧めによる。
1899年(明治33年)に東京帝国大学文科大学国史科を卒業。