芸能人・経営者のおくやみ情報

エミール・クレペリン

精神医学者[ドイツ]

1926年 10月7日 死去

エミール・クレペリン - ウィキペディアより引用

エミール・クレペリン(Emil Kraepelin, 1856年2月15日 - 1926年10月7日)はドイツの医学者、精神科医。
ドルパート大学(現・エストニア国立タルトゥ大学)、ハイデルベルク大学、ミュンヘン大学の教授。
精神障害を遺伝学や大脳生物学といった原因からは分類はできないとして予後から分類し、1899年の彼による教科書6版は、精神病を統合失調症と躁うつ病(双極性障害)に分類し、現代の『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM)まで続く影響を与えることになった。
クレペリンは1856年に北ドイツで生誕する。
ドイツのメクレンブルク=フォアポンメルン州ノイシュトレリッツに生まれた。
1878年にビュルツブルクで博士号を取得し、ミュンヘンのクリニックで脳生物学者ベルンハルト・フォン・グッデンのもとで研修医として働いたが、皆が顕微鏡で脳を見て研究してのに、クレペリンは目が悪かったため同じようにすることはできなかった。

「エミール・クレペリン」と関連する人物(故人)