芸能人・経営者のおくやみ情報

團伊玖磨 氏(だんいくま)

作曲家[日本]

2001年 5月17日 死去心不全享年78歳

團伊玖磨 - ウィキペディアより引用

團 伊玖磨(だん いくま、1924年(大正13年)4月7日 - 2001年(平成13年)5月17日)は、日本の作曲家、エッセイスト。
日本を代表するクラシック音楽の作曲家の一人である。
作曲家としてはオペラ、交響曲、歌曲などのいわゆるクラシック音楽のほか、童謡、映画音楽、放送音楽と幅広いジャンルを手がけた。
「團 伊玖麿」は誤表記。
生い立ち 1924年(大正13年)、実業家、学者、政治家であった男爵・團伊能の子として、東京・四谷の慶應病院で生まれ、原宿(現在の渋谷区神宮前)で育った。
7歳となった1931年(昭和6年)、青山師範学校附属小学校に入学し、ピアノを学び始めた。
翌年3月、祖父・團琢磨が暗殺された(血盟団事件)ことで、幼心に、物質的な栄達への疑問を抱くようになり、後に芸術を志す動機のひとつとなった。
当時、團という一字姓のため、しばしば「朝鮮人」「シナ人」と怒鳴られたという(事実、700年前の祖先の團将監は宋人だったと伝えられる)。

だんいくま [生]1924.4.7.東京,東京[没]2001.5.17.中国,江蘇,蘇州作曲家。団琢磨の孫。1942年に東京音楽学校に入学して下総皖一,橋本国彦,細川碧に学ぶ。また,山田耕筰,諸井三郎,近衛秀麿に師事した。1950年NHK創立25周年記念管弦楽曲募集コンクール(→日本放送協会)で『交響曲イ調』が特賞を受賞,作曲家としてデビュー。1952年木下順二の戯曲を元にした初のオペラ『夕鶴』を初演し,毎日音楽賞,伊庭歌劇賞,山田耕筰賞を受賞した。その後世界各国で上演され好評を博した。1953年芥川也寸志,黛敏郎と「三人の会」を結成,自作作品発表のための音楽活動を展開。作品は,美しい抒情性,緻密かつ雄弁で色彩的なオーケストラ語法,壮大な風格といった特徴をもち,『ひかりごけ』(1972,芸術選奨文部大臣賞),『建・TAKERU』(1997)など7曲の歌劇,6曲の交響曲,歌曲,室内楽,劇音楽,映画音楽,混声合唱組曲『岬の墓』(1963,芸術祭賞文部大臣賞)など幅広い作品を残した。『パイプのけむり』などの随筆でも知られた。1966年日本芸術院賞を受賞。1973年日本芸術院会員,1997年日中文化交流協会会長,1999年文化功労者。 (引用元 コトバンク)