芸能人・経営者のおくやみ情報

有島武郎

小説家[日本]

1923年 6月9日 死去心中自殺享年35歳

有島武郎 - ウィキペディアより引用

有島 武郎(ありしま たけお、1878年(明治11年)3月4日 - 1923年(大正12年)6月9日)は、日本の小説家。
学習院中等科卒業後、農学者を志して札幌農学校に進学、キリスト教の洗礼を受ける。
1903年(明治36年)渡米。
ハバフォード大学大学院、その後、ハーバード大学で歴史・経済学を学ぶ。
ハーバード大学は1年足らずで退学する。
帰国後、志賀直哉や武者小路実篤らとともに同人「白樺」に参加する。
1923年、軽井沢の別荘(浄月荘)で波多野秋子と心中した。
代表作に『カインの末裔』『或る女』や、評論『惜みなく愛は奪ふ』がある。
東京小石川(現・文京区)に旧薩摩藩郷士で大蔵官僚・実業家の有島武の長男として生まれる。
母は幸子。
祖父・宇兵衛も同じく郷士であった。
武郎4歳の時、父の横浜税関長就任を機に一家で横浜に移る。
父の教育方針により米国人家庭で生活。
その後、横浜英和学校(現横浜英和学院)に通う。
このころの体験が後に童話『一房の葡萄』を生むことになる。
10歳で学習院予備科に入学し、寄宿生として過ごし、19歳で学習院中等全科を卒業する。

ありしまたけお [生]1878.3.4.東京[没]1923.6.9.軽井沢小説家,評論家。父が横浜税関長となったため幼時から文明開化の気風になじみ,ミッション・スクールに通って西洋思想を身につけた。学習院を経て札幌農学校に入り(1896),のちハバフォード大学,ハーバード大学大学院に学んだ(1903~06)。ホイットマン,トルストイに傾倒し,キリスト教入信の一時期もある。作風は西欧19世紀リアリズムの手法に学んで重厚かつ鮮明で,キリスト教的人間愛を,霊と肉の二元的対立や矛盾をこえて生み出そうとする苦悩などを描いた。武者小路実篤,志賀直哉らの『白樺』派に属したが,1917年の『死と其の前後』あたりから旺盛な創作活動を示した。『惜みなく愛は奪ふ』(17,20)は本能愛のなかに自我完成の可能性を求めた代表的な評論だが,まもなく社会主義の台頭とともに思想的動揺を生じ,波多野秋子と心中して終った。代表作『カインの末裔』(17),『生れ出づる悩み』(18),『或る女』(11~19)など。 (引用元 コトバンク)