芸能人・経営者のおくやみ情報

ミース・ファン・デル・ローエ 氏Ludwig Mies van der Rohe

建築家[ドイツ→アメリカ]

1969年 8月17日 死去享年84歳

ミース・ファン・デル・ローエ - ウィキペディアより引用

ルートヴィヒ・ミース・ファン・デル・ローエ(Ludwig Mies van der Rohe、1886年3月27日 – 1969年8月17日)は、20世紀のモダニズム建築を代表する、ドイツ出身の建築家。
ル・コルビュジエ、フランク・ロイド・ライトと共に、近代建築の三大巨匠、あるいは、ヴァルター・グロピウスを加えて、四大巨匠とみなされる。
「Less is more.」(より少ないことは、より豊かなこと)や「God is in the detail」(神は細部に宿る)という標語で知られ、近代主義建築のコンセプトの成立に貢献した建築家である。
柱と梁によるラーメン構造の均質な構造体が、その内部にあらゆる機能を許容するという意味のユニヴァーサル・スペースという概念を提示した。
ミースは、ドイツのアーヘンに、墓石や暖炉を主に扱う石工のネーデルラント系の父ミヒャエル・ミースと母アマーリエ・ミース(旧姓ローエ)の息子として生まれた。

MiesvanderRohe,Ludwig [生]1886.3.27.ドイツ,アーヘン[没]1969.8.17.アメリカ合衆国,シカゴドイツの建築家。元はMariaLudwingMichaelMiesと名のったが,のちに母の姓であるファン・デル・ローエを名のるようになった。ベルリンのブルーノ・パウル,ペーター・ベーレンスの事務所で経験を積み,第1次世界大戦後のドイツで,鉄とガラスを大胆に用いた機能的で革新的な建築プロジェクトを発表して注目を浴び,1929年バルセロナ国際博覧会のドイツ館の設計で国際的評価を得た。1930~33年ワルター・グロピウスの後任としてベルリンのバウハウスの校長を務め,1938年シカゴのイリノイ工科大学建築科主任としてアメリカ合衆国に渡った。1944年市民権を得る。同校の校舎群(1942以降)や,シカゴの鉄とガラスの高層住宅レイクショアドライブのアパート(1949~51),フィリップ・ジョンソンとの共同によるシーグラム・ビル(1956~58)を設計。均質空間(ユニバーサル・スペース)という彼の空間概念は,20世紀の建築に重要な役割を果たした。 (引用元 コトバンク)