芸能人・経営者のおくやみ情報

村上三島 氏(むらかみさんとう)

書家[日本]

2005年 11月20日 死去心不全享年94歳

村上 三島(むらかみ さんとう、本名 村上 正一、むらかみ まさかず、1912年(大正元年)8月25日 - 2005年(平成17年)11月20日)は、日本の書家。
勲三等旭日中綬章受章者。
文化勲章受章者。
「現代書道の巨匠」と呼ばれている。
贈従三位(没時叙位)。
愛媛県越智郡上浦町(大三島、現在の今治市)出身。
大三島で生まれ育った後、大阪府三島郡(後に高槻市となる)に移る。
雅号「三島」は大三島と三島郡に由来する。
中学時代から書に親しんでいたが、大阪市立泉尾工業学校在学中に股関節カリエスに罹り足が不自由になったことから、15歳で好きな書道の道に入る。
1927年(昭和2年)に片山萬年に、1945年(昭和20年)には辻本史邑に師事。
1948年(昭和23年)日展に書道部門が新設されたのを契機に「杜甫九日詩(とほきゅうじつし)」を発表して入選。
1949年(昭和24年)と1952年(昭和27年)には日展で特選に選ばれる。
また毎日書道展や日本書芸院展などに作品を発表し、1964年(昭和39年)「秋分思子」で日展文部大臣賞、1968年(昭和43年)には「杜甫贈高式顔詩」で日本芸術院賞を受賞した。

明治45(1912)年愛媛県生まれ。平成17(2005)年11月20日没。 関西書壇を代表する書家で93年文化功労者、85年日本芸術院会員、98年文化勲章受章。 日展の理事や顧問、日本書芸院理事長などを歴任した。篆、隷、楷、行、草の各体に卓越、正当派の躍動感あふれる叙情性の豊かな格調高い書風。 瀬戸内海の郷里、大三島の上浦町(現今治市)へ作品を寄贈、町立の村上三島記念館が創立された。著書「書とともに」「王鐸の書法」など。 (引用元 Hatena Keyword)