芸能人・経営者のおくやみ情報

ピエール=オーギュスト・ルノワールPierre-Auguste Renoir

画家[フランス]

1919年 12月3日 死去享年79歳

ピエール=オーギュスト・ルノワール - ウィキペディアより引用

ピエール=オーギュスト(オギュスト)・ルノワール(フランス語: Pierre-Auguste Renoir発音例、1841年2月25日 - 1919年12月3日)は、フランスの印象派の画家である。
後期から作風に変化が現れ始めたので、まれにポスト印象派の画家とされることもある。
風景画、花などの静物画もあるが、代表作の多くは人物画である。
初期にはアングル、ドラクロワなどの影響を受け、モネらの印象主義のグループに加わるが、後年は古典絵画の研究を通じて画風に変化が見られ、晩年は豊満な裸婦像などの人物画に独自の境地を拓いた。
日本など、フランス国外でも人気の高い画家である。
長男のピエールは俳優、次男のジャンは有名な映画監督である。
生涯 青年期 ルノワールは1841年2月25日、フランス中南部のリモージュにて生まれる。
7人兄弟の6番目であったが、上の2人は早世し、他に兄2人、姉1人、弟1人がいた。
父は仕立屋、母はお針子であった。
3歳の時、一家でパリに移住し、ルーヴル美術館に近い都心に住む。
幼いころから画才を示していたが、美声でもあったルノワールは1850年頃に9歳前後で作曲家のシャルル・グノーが率いるサン・トゥスタッシュ教会の聖歌隊に入り、グノーから声楽を学んだ。

Pierre-Auguste Renoir フランスの画家。 1841年2月25日、生まれ。1919年12月3日、死去。 1844年、一家はパリに移住。 1954年、陶器の絵付け工として働いていたが、1858年、失職。 1861年、シャルル・グレールのアトリエに入り、モネたちと仲間になっている。 彼は絶え間なく変化する自然に目を向けたモネに対し、風景よりも子供や女性など人の変化に魅せられた。写実主義は農民や労働者など卑俗な主題を扱っていたが、彼はパリの中流階級の都会的な楽しみ、余韻の余裕に溢れた人々を描いた。 1869年、ルノワールはモネとともにブージヴァルに近いセーヌ河畔で、共に水面に映る光の反射の研究をしたことはモネと同一主題、ほぼ同じ構図で描かれている作品からもよくわかる。おそらくは、ともに画架を並べて描いたと思われる。モネと比較するとおもしろいことがよくわかる。水辺の輝きなど自然の描写はモネが卓越している。しかし、人々の生き生きとした姿はルノワールのほうが遥かにうまいのである。 1876年の彼の代表作『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』はモンマントルにあった庶民的なダンスホールの男女を描いて、新しいパリの生活の象徴ともいうべき作品を作り上げた。 (引用元 Hatena Keyword)