芸能人・経営者のおくやみ情報

左卜全 氏(ひだりぼくぜん)

俳優、オペラ歌手[日本]

1971年 5月26日 死去享年78歳

左卜全 - ウィキペディアより引用

左 卜全(ひだり ぼくぜん、本名:三ヶ島 一郎〈みかじま いちろう〉、1894年2月20日 - 1971年5月26日)は、日本の俳優、オペラ歌手。
異母姉は女流歌人の三ヶ島葭子。
1894年(明治27年)2月20日、埼玉県入間郡小手指村北野に小学校校長の次男として生まれる。
三ヶ島家は代々、埼玉県入間郡三ヶ島村の氷川神社の神官だったが、祖父が分家して一家をなした。
1901年(明治34年)に北野小学校に入学する。
1902年(明治35年)、父の転勤のため東京市麻布区の南山小学校に転校。
まもなく東京府南葛飾郡船堀村(現在の江戸川区船堀)に移った。
1905年(明治38年)、船堀小学校を卒業。
京橋のばら歯磨本舗「東光園」へ小僧奉公に出るが、1907年(明治40年)に船堀に戻り高等小学校3年に編入した。
1909年(明治42年)、高等科を卒業後、牛乳配達や新聞配達、土工など様々な仕事に就く。
この間、苦学して立教中学校(現・立教池袋中学校)に短期間通ったが中退した。
1914年(大正3年)、「帝劇歌劇部」に第3期生として入り、オペラ歌手として歌唱法やダンスを学んだ。

俳優 誕生日:1894年(明治27年)2月20日 出身地:埼玉県小手指村(現:所沢市) 歌人三ヶ島葭子?は異母姉。 小学校長の父の転勤に伴い、県内各地を転々とし、10歳(一説に13歳)の時に奉公に出される。上京してアルバイトをしながら中学に通うが、学資が続かずに中退。 1914年(大正3年)、帝国劇場歌劇部に合格。オペラ歌手として歌唱法やダンスを学ぶ。 1949年(昭和24年)、左55歳の時に今井正監督の「女の顔?」で映画デビュー。演技を黒沢明監督に認められ、「醜聞」「白痴」「生きる?」「七人の侍」「どん底」など数々の名作でキラリと光る演技で名脇役ぶりを見せている。 1950〜70年代初めにかけて東宝、松竹、東京映画などの映画で活躍。 1970年(昭和45年)、「たすけてー!」の左の叫び声で始まり、「ズビズバ〜パパパヤ〜」や「やめてケレ」「ゲバゲバ」などの奇妙な歌詞と左の歌い方、そしてひまわりキティーズ?(児童コーラス)との掛け合いが珍妙な迷曲「老人と子供のポルカ」のレコードが発売されるがこれがヒットとなった。以前はこの歌の左の物真似する方が多かった。 1971年(昭和46年)5月26日、死去。77歳。  (引用元 Hatena Keyword)