芸能人・経営者のおくやみ情報

伊達政宗(だてまさむね)

戦国大名[日本]

(寛永13年5月24日没)

1636年 6月27日 死去享年70歳

伊達政宗 - ウィキペディアより引用

伊達 政宗(だて まさむね)は、出羽国と陸奥国の戦国大名・伊達氏の第17代当主。
仙台藩初代藩主。
伊達氏第16代当主・伊達輝宗と正室最上義守の娘・義姫(最上義光の妹)の間に生まれた嫡男。
幼少時に患った疱瘡(天然痘)により右目を失明し、隻眼となったことから後世独眼竜と呼ばれた。
兜は弦月前立黒漆塗六十二間筋兜。
生涯 出生から初陣まで 永禄10年8月3日(1567年9月5日)、出羽国米沢城で生まれた。
幼名は梵天丸天正5年(1577年)11月15日、元服して伊達藤次郎政宗と名乗る。
諱の「政宗」は父・輝宗が伊達家中興の祖といわれる室町時代の第9代当主・大膳大夫政宗にあやかって名づけたもので、この大膳大夫政宗と区別するため藤次郎政宗と呼ぶことも多い。
史料上にも正宗と書かれたもの幾つかがあるがこれは誤記である。
伊達家はそれまで足利将軍からの一字拝領を慣習としてきたが、政宗の元服に際しては、当時織田信長によって京より追放されていた足利義昭からの一字拝領を求めなかった。

だてまさむね [生]永禄10(1567).米沢[没]寛永13(1636).5.24.江戸安土桃山,江戸時代初期の武将。仙台藩の藩祖。輝宗の長子。幼名,梵天丸。天正12(1584)年10月家督を継ぎ,同16年佐竹義重,蘆名義広,相馬義胤らと対戦,翌17年蘆名義広を破り,黒川城に拠って陸奥,出羽を平定したが,同18年豊臣秀吉に降伏して,会津,岩瀬,安積(あさか)郡などを没収された。慶長5(1600)年の関ヶ原の戦いには徳川方に属して上杉景勝と戦い,同8年居城を仙台に移し,仙台藩62万石の基礎を築いた。大坂の陣にも徳川方として参戦,秀忠,家光の信任を得た。同18年家臣支倉常長をローマに派遣したことは有名である。隻眼であったため独眼竜といわれた。 (引用元 コトバンク)