芸能人・経営者のおくやみ情報

石橋秀野(いしばしひでの)

俳人[日本]

1947年 9月26日 死去享年39歳

石橋秀野 - ウィキペディアより引用

石橋 秀野(いしばし ひでの、1909年2月19日-1947年9月26日)は、俳人。
俳句評論家山本健吉の妻。
来歴・人物 明治42年(1909年)2月19日、奈良県に生まれる。
旧姓藪。
文化学院文学部(大学部本科)卒業。
文化学院中学部の時、学監与謝野晶子に短歌を、高浜虚子に俳句を学ぶ。
大学部では正課に俳句がなかった為、勝手に作って虚子に見てもらっていたという。
昭和4年(1929年)、俳句評論家の山本健吉(本名石橋貞吉)と結婚、石橋姓となる。
昭和13年(1938年)頃より、横光利一の十日会句会に参加、俳句を復活し、石田波郷、石塚友二らと相知るようになり「鶴」入会。
後に「鶴」課題句の選者となり、「鶴」を代表する女流俳人として活躍する。
昭和20年(1945年)には夫の島根新聞社赴任に従い島根県に移住、松江、鳥取の「鶴」俳人達と句会を催した。
昭和21年(1946年)7月には夫が京都日日新聞社論説委員となったため京都に転居。
しかし戦時中の疎開生活中に病に侵され、昭和22年(1947年)9月26日、京都宇陀野療養所にて39歳で死去。

いしばし-ひでの 1909-1947大正-昭和時代の俳人。明治42年2月19日生まれ。与謝野(よさの)晶子に短歌を,高浜虚子に俳句をまなぶ。昭和4年山本健吉と結婚。横光利一主宰の十日会をへて,17年「鶴」同人。昭和22年9月26日死去。39歳。翌年遺句文集「桜濃く」で第1回茅舎(ぼうしゃ)賞(現代俳句協会賞)。奈良県出身。文化学院卒。旧姓は藪。【格言など】火のやうな月の出花火打ち終る(辞世) (引用元 コトバンク)

「石橋秀野」と関連する人物(故人)