芸能人・経営者のおくやみ情報

桜むつ子 氏(さくらむつこ)

女優[日本]

2005年 1月23日 死去肺がん享年85歳

桜 むつ子(さくら むつこ、本名;佐藤 文子、1921年2月15日 - 2005年1月23日)は日本の女優。
東京市小石川区(現・文京区)大塚出身。
血液型O型。
最終所属はエトワアル。
趣味はゴルフ。
大塚尋常小学校卒業。
来歴・人物 1933年に松旭斎天勝の一座に入座し、松旭斎文子の名を貰い、芸能活動を開始。
もともと幇間だった父に連れられて花柳界に出入りしていたこともあり、すぐに踊りの才能を開花。
後に永井荷風からも愛される、浅草軽演劇の花形女優として魅了。
1950年に松竹へ入社。
小津安二郎に認められ、庶民的ながらもどこか色気を纏った名脇役として多くの作品に登場(しかも、ほぼ毎回飲み屋の女主人といった役どころを担当していた)。
2005年1月23日午後6時18分、肺癌のため東京都渋谷区代々木の自宅で死去。
83歳没。
晩年の「おばあちゃんキャラ」は女優として創ったものであり、素は年齢よりも若く見えるオシャレでハイカラな女性で、初対面で本人だと気づく人はほとんどいなかった。

女優 1921年2月15日東京都生まれ 1933年 松旭斎天勝一座に入り、その後「あきれたぼういず」の興行に歌手として出演、 戦後は劇団「新風俗」で活躍。退団後はロック座などに出演。 永井荷風作の「春情鳩の街」に出演した。 その後は松竹大船撮影所に所属し小津安二郎監督の「東京物語」「東京暮色」「彼岸花」「秋日和」「お早よう」「秋刀魚の味」などに脇役で出演。テレビでもTBSの「私は貝になりたい」で主人公の妻役を演じた。 2005年1月23日逝去 (引用元 Hatena Keyword)

「桜むつ子」と関連する人物(故人)