芸能人・経営者のおくやみ情報

井上毅(いのうえこわし)

熊本藩士、官僚、政治家、子爵[日本]

1895年 3月15日 死去享年52歳

井上毅 - ウィキペディアより引用

井上 毅(いのうえ こわし、天保14年12月18日(1844年2月6日) - 明治28年(1895年)3月15日)は、日本の武士、官僚、政治家である。
子爵。
法制局長官、文部大臣などを歴任する。
同時代の政治家・井上馨とは血縁関係は無い。
肥後国熊本藩家老・長岡是容(監物)の家臣・飯田家に生まれ井上茂三郎の養子になる。
必由堂、藩校時習館で学び、江戸や長崎へ遊学。
明治維新後は大学南校で学び明治政府の司法省に仕官、1年かけた西欧視察におもむく。
帰国後に大久保利通に登用され、その死後は岩倉具視に重用される。
明治十四年の政変では岩倉具視、伊藤博文派に属する。
安定政権を作れる政府与党が出来る環境にない現在の日本で議院内閣制を導入することの不可を説いて、ドイツ式の国家体制樹立を説き、国学等にも通じ、伊藤と共に大日本帝国憲法や皇室典範、教育勅語、軍人勅諭などの起草に参加した。

いのうえこわし [生]天保14(1844).12.18.熊本[没]1895.3.17.葉山官僚政治家。枢密顧問官,文部大臣を歴任。熊本藩の陪臣の出身。生家は飯田氏,権五兵衛の3男。幼名多久馬,慶応1(1865)年井上家の養子となる。明治4(1871)年司法省に入り法制官僚の道を進んだ。同5年司法卿江藤新平の渡欧随行員として,川路利良とともにヨーロッパに派遣され(江藤は渡欧せず),G.ボアソナードを知った。帰国後法律制定や制度改革に関して伊藤博文のブレーンとなる。特に大日本帝国憲法制定にあたっては,H.ロエスレルなど御雇外国人の助言を得つつ,その骨格を起案した。また教育勅語案文の作成をはじめ,重要案件の起草,意見書の提出など,明治中期の重要問題のほとんどに参画。この意味から井上を「明治国家のイデオローグ」と呼ぶことができよう。 (引用元 コトバンク)