芸能人・経営者のおくやみ情報

フランク・ロイド・ライト 氏Frank Lloyd Wright

建築家[アメリカ]

1959年 4月9日 死去享年93歳

フランク・ロイド・ライト - ウィキペディアより引用

フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright、1867年6月8日 - 1959年4月9日)は、アメリカの建築家。
アメリカ大陸で多くの建築作品があり、日本にもいくつか作品を残している。
ル・コルビュジエ、ミース・ファン・デル・ローエと共に「近代建築の三大巨匠」と呼ばれる(ヴァルター・グロピウスを加え四大巨匠とみなす事もある)。
生涯 ウィスコンシン州に牧師の父ウィリアム・ライトと母アンナの間の第1子として生まれた。
ウィスコンシン大学マディソン校土木科を中途退学した後、シカゴへ移り住んだ。
叔父ジェンキンの紹介により、建築家のジョセフ・ライマン・シルスビーの事務所で働き始めたが、1年ほどでシルスビー事務所を辞し、ダンクマール・アドラーとルイス・サリヴァンが共同して設立したアドラー=サリヴァン事務所へと移った。
アドラー=サリヴァン事務所ではその才能を見込まれ、事務所における1888年以降のほとんどの住宅の設計を任せられた。
ライト自身もサリヴァンをLieber Meister (愛する師匠)と呼んで尊敬し、生涯にわたりその影響を肯定し続けた。

  • 題名
    HIBIKI
    歌手
    発売元
    SPACE SHOWER MUSIC
    発売日
    2008年11月05日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 536 より

フランク・ロイド・ライト、Frank Lloyd Wright(1867年-1959年)。シカゴを中心として活躍した米国の建築家。 ウィスコンシン州マディソンに生まれ、19歳のとき地元の大学を中退し、家出するようにしてシカゴに出てくる。 この時代のシカゴは急激な人口増加とそれに伴う経済発展にくわえ、1871年のシカゴ大火後の建設ラッシュもあって大建設時代を迎えつつあった。そのシカゴを代表する建築家の一人であるルイス・ヘンリー・サリバンの弟子となり、初期の住宅はサリバンの紹介によるものが多かった。ともにケルト文化を背景に持っていたことが、二人に親近感を与えたと説明されることがある。 1893年のシカゴ万博(世界コロンビア博覧会)では鳳凰殿のような形をした日本館に感銘を受け、プレーリーハウスをはじめとしたライトの初期作品では日本建築の影響が顕著となる。この日本館のプロデューサーは岡倉覚三、設計は久留正道、施工は大倉組(現・大成建設)であった。たびたび日本を訪れ、日本にも作品を残すとともに日本建築を研究し、浮世絵の著名なコレクターでもあった。ライトに浮世絵の手ほどきを施したのは執行弘道だったと言われ、またアントニン・レーモンドはライトの助手として初来日した。ジョンソンワックスタワーのマッシュルーム・コラムは奈良・法隆寺の五重塔の芯柱が霊感源であるとされ、浮世絵からは独特の抽象化の手法を学んだとされる。 プレーリーハウス以降、ライトの住宅は地面に接した基壇部、それに屋根が強調され、また「箱の解体」と称して外壁を被膜的に扱い、さらに中心部に暖炉を置くことが顕著となっ …… (引用元 Hatena Keyword)