芸能人・経営者のおくやみ情報

フランクリン・ルーズベルトFranklin Delano Roosevelt

政治家、アメリカ合衆国第32代大統領[アメリカ]

1945年 4月12日 死去脳卒中享年64歳

フランクリン・ルーズベルト - ウィキペディアより引用

フランクリン・デラノ・ルーズベルト(英語: Franklin Delano Roosevelt [ˈfræŋklɪn ˈdɛləˌnoʊ ˈroʊzəˌvɛlt], 1882年1月30日 - 1945年4月12日)は、アメリカ合衆国の政治家。
姓はローズベルト、ローズヴェルトとも表記。
民主党出身の第32代大統領(1933年 - 1945年)。
第26代大統領セオドア・ルーズベルトは広義の従兄(五従兄、12親等)に当たる。
連邦安全保障庁を創設した。
世界恐慌、第二次世界大戦時のアメリカ大統領であり、20世紀前半の国際政治における中心人物の1人。
ルーズベルトのニューディール政策と第二次世界大戦への参戦による戦時経済はアメリカ合衆国経済を世界恐慌のどん底から回復させたと評価される。
ラジオを通じて国民との対話を重視した。
歴代アメリカ合衆国大統領のランキングでの人気投票でほぼ上位5傑に入るなど、現在でもアメリカ国民からの支持は根強い。
その一方、ソビエト連邦の独裁者ヨシフ・スターリンに対する容共的な姿勢を取り、その侵略行為を黙認したことは後に批判の対象となった。

Franklin Delano Roosevelt(FDR) フランクリン・デラノ・ルーズベルト、ルーズヴェルト、ローズベルト、ローズヴェルトとも。 アメリカ合衆国第32代大統領。(在任1933年〜1945年) 1882年年1月30日生まれ、1945年4月12日没。 合衆国史上唯一の四選を果たした大統領。 世界恐慌期に大統領に就任、経済建て直しのために政府による財政出動によるニューディール政策を推進した(ただし、本当の景気回復には第二次世界大戦参戦による軍事支出の増大が必要だった)。 1941年、日本による真珠湾攻撃を契機として第二次世界大戦に参戦、連合国を勝利に導く。 それまでの伝統的な「小さな政府」路線に替えて連邦政府の役割を拡大する方向に動き、現在の合衆国政府の原型を作ったと言える。 (引用元 Hatena Keyword)