芸能人・経営者のおくやみ情報

大藤信郎 氏(おおふじのぶろう)

アニメーション監督[日本]

1961年 7月28日 死去享年62歳

大藤 信郎(おおふじ のぶろう、本名:大藤 信七郎、1900年6月1日 - 1961年7月28日)は、東京都浅草出身の日本の男性、アニメーション監督である。
戦前期には江戸千代紙を用いた切り絵アニメーション、戦後は影絵と色セロファンを用いたアニメーションを個人で作り続け、とりわけ後者は日本のアニメーションとして初めて国際的な評価を受ける。
特に1953年にカンヌ国際映画祭短篇部門に出品した『くじら』(1952年完成)は上映会場で画家パブロ・ピカソにも絶賛された。
没後、大藤の生涯の業績を記念して毎日映画コンクールの中に大藤信郎賞が設けられた。
東京浅草の蓄音機録音スタジオを経営する家で、8人兄弟の7番目の子として生を享ける。
18歳で日本アニメ界の創始者の一人、幸内純一のスミカズ映画社に入って動画を学ぶ。
1921年、21歳で自らのスタジオとして自由映画研究所を設立し、初の劇場公開作『馬具田城の盗賊』(1926年)の好評を受けて1927年には千代紙映画社と改名した。

おおふじ-のぶろう 1900-1961大正-昭和時代のアニメーション作家。明治33年6月1日生まれ。大正15年千代紙によるアニメ「馬具田城の盗賊」を発表。昭和2年影絵映画「鯨」が海外で評価をうける。31年「幽霊船」でベネチア記録映画祭特別賞。毎日映画コンクールに「大藤賞」がもうけられている。昭和36年7月28日死去。61歳。東京出身。本名は信七郎。作品に「くじら」など。 (引用元 コトバンク)

「大藤信郎」と関連する人物(故人)