芸能人・経営者のおくやみ情報

江上不二夫 氏(えがみふじお)

化学者[日本]

1982年 7月17日 死去享年73歳

江上不二夫 - ウィキペディアより引用

江上 不二夫(えがみ ふじお、1910年11月21日 - 1982年7月17日)は日本の生化学者。
戦後日本の生化学を牽引した一人。
日本学術会議会長、国際生命の起源学会会長等を務めた。
東京生まれ。
考古学者江上波夫は兄。
1933年 東京帝国大学理学部化学科卒業その後、フランス政府給費留学生としてストラスブール大学およびパリ大学に留学。
東京帝国大学理学部助手を経て 1942年 名古屋帝国大学理学部化学科第三講座(有機化学)助教授 同年8月 東京大学理学博士「スルファターゼ模型に関する研究」 1943年 名古屋帝国大学理学部教授 1958年 東京大学理学部教授 1968年 埼玉大学理工学部教授併任 1971年 三菱化成生命科学研究所初代所長 1980年 同名誉所長 受賞歴 1953年 中日文化賞 1954年 日本化学会賞 1966年 朝日賞 1967年 毎日出版文化賞 1971年 レジオン・ドヌール勲章 補記 ジェームズ・ワトソンの『二重らせん』を、中村桂子と共訳した(パシフィカ、初版1980年) 脚注 参考文献 『科学者の卵たちに贈る言葉−江上不二夫が伝えたかったこと』笠井献一著,岩波書店,2013年 ISBN 9784000296106 外部リンク 20世紀のわが同時代人 江上不二夫。

えがみふじお [生]1910.11.21.東京[没]1982.7.17.東京分子生化学者。兄は東洋史学者の江上波夫。1933年東京帝国大学化学科卒業後,大学院を経て1934年フランスに留学。1937年に帰国し,東京大学助手から1943年名古屋大学理学部教授,1958年東京大学理学部生物化学科教授。1968年埼玉大学教授,1971年三菱化成生命科学研究所長。タカジアスターゼから核酸分解酵素の1種であるリボヌクレアーゼT1を分離・精製に成功し(1957)国際的に知名度を高めたほか,無機塩呼吸系の提唱,生命の起源探求などで生命進化の分野に足跡を残した。早くから分子生物学の重要性に着目,柴谷敦弘,渡辺格らと「核酸研究会」を組織,日本への分子生物学の定着・促進に努めた。A.I.オパーリンの跡を襲って国際生命の起源学会の会長も務めた。1966年朝日賞,1971年日本学士院賞を受賞。 (引用元 コトバンク)

「江上不二夫」と関連する人物(故人)