芸能人・経営者のおくやみ情報

橋本雅邦(はしもとがほう)

日本画家[日本]

1908年 1月13日 死去胃がん享年74歳

橋本雅邦 - ウィキペディアより引用

橋本 雅邦(はしもと がほう、男性、天保6年7月27日(1835年8月21日) - 明治41年(1908年)1月13日)は、明治期の日本画家。
本名は長郷。
幼名は千太郎。
号は勝園。
生涯 雅邦の父の橋本養邦(はしもとおさくに)は武蔵国(埼玉県)川越藩の御用絵師であり、木挽町狩野家当主晴川院養信(せいせんいん おさのぶ)の高弟として同家の邸内に一家を構えていた。
このため雅邦は天保6年にこの木挽町狩野家の邸内に生まれている。
慣習に従い5歳の頃から実父より狩野派のてほどきを受け、12歳の時正式に父と同じく養信に入門する。
ただし養信はこの一月後に没したため、実際にはその後継者である勝川院雅信(しょうせんいん ただのぶ)を師としたと見てよい。
この時同日に狩野芳崖も入門しており、7歳年上で穏和な人柄の雅邦と激情家の芳崖と性格は正反対であったが、共に現状の狩野派への不満と独創的表現への意欲を共有し、生涯の親友となる。

日本画家。江戸生。川越藩御用絵師橋本晴園養邦の子。幼名は千太郎、のち長卿。別号に克己斎・酔月画生等。狩野勝川院雅信の門。フェノロサ・岡倉天心と協力、東美校初代教授となる。また日本美術院を創立、菱田春草・横山大観・下村観山・西郷孤月・川合玉堂らの俊秀を育てる。のち玉堂らと二葉会を結成、画宝会を組織した。狩野芳崖と共に明治画壇の巨擘。帝室技芸員。明治41年(1908)歿、74才。 (引用元 コトバンク)