芸能人・経営者のおくやみ情報

ギュスターヴ・クールベ

画家[フランス→スイス]

1877年 12月31日 死去享年58歳

ギュスターヴ・クールベ - ウィキペディアより引用

ギュスターヴ・クールベ(クルベ) (フランス語: Gustave Courbet, 1819年6月10日 - 1877年12月31日) は、フランスの写実主義の画家。
生涯 1819年、スイス国境に近いフランシュ・コンテ地方の山の中の村、オルナンに、裕福な地主の子として生まれる。
母は類いなる美人で、彼自身も「アッシリア風」という風貌を備えていた。
1831年、オルナンのカトリック系中学校に入学し、そこで基本的なデッサンを学ぶ。
1837年、王立の高等学校に入学する。
そのかたわら画家フランジューロのもとで学ぶ。
1840年、21歳の時にパリへ出てソルボンヌ大学法学部に入学するが、本人を法律家にさせたかった父親の意図に反し、彼自身は画家を目指してアカデミー・スイスに通い、ルーヴル美術館で巨匠たちの作品を模写した。
1844年、『黒い犬を連れた自画像』がサロンに入選しているが、これは当時の画家としては非常に遅いデビューである。
1845年、『ギタレロ』がサロンに入選。
1846年、『革のバンドをした男』がサロンに入選。
1849年、『オルナンの食休み』がドミニク・アングル、ドラクロワの二人に評価され、それがもとで国家が買い上げることになり、リール市立美術館に所蔵された。

「ギュスターヴ・クールベ」と関連する人物(故人)