芸能人・経営者のおくやみ情報

ピーター・ドラッカー 氏Peter Ferdinand Drucker

経営学者[オーストリア→アメリカ]

2005年 11月11日 死去老衰享年97歳

ピーター・ドラッカー - ウィキペディアより引用

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 、1909年11月19日 - 2005年11月11日)は、オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。
「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。
他人からは未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたこともあったが、自分では「社会生態学者」を名乗った。
父・アドルフ・ドルッカー(ウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、義理の叔父に公法学者・国際法学者のハンス・ケルゼン(母方の叔母・マルガレーテ・ボンディの夫)がいる。
ドラッカーの自著によれば、父親はフリーメイソンのグランド・マスターだった。
ウィーンで裕福なドイツ系ユダヤ人の家庭に生まれる。
1917年に両親の紹介で、同じユダヤ人の精神科医ジークムント・フロイトに会う。
1929年、ドイツ・フランクフルト・アム・マインの『フランクフルター・ゲネラル・アンツァイガー』紙の記者になる。

オーストリア出身の経営思想家(1909~2005年)。「経営学の父」「マネジメントの権威」「ビジネス・コンサルタントの創始者」として知られ、「顧客の創造」「知識労働者」「分権制(=事業部制)」「ナレッジマネジメント(KM)」「コアコンピタンス」など、経営・管理に関する多くの用語・概念を生み出した。また、独特の視点による文明論・産業社会論を展開し、早くから知識社会・高齢化社会の到来や旧ソ連・バブルの崩壊などを予見したことでも知られる。自らも「経営学者」ではなく、「社会生態学者」「観察者」と称していた。 幅広い教養と深い観察眼に裏付けされたドラッカーの実践論は、欧米の企業経営者の信奉を集め、国内でも元ソニーCEO出井伸之、ユニクロの現CEO柳井正をはじめ、ドラッカーを師と仰ぐ経営者は数知れない。最近は、若い起業家やビジネスマンの間でも広く支持されている。火付け役となったのが、ドラッカーの組織管理論をベースにした小説『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(岩崎夏海・09年刊)で、ドラッカー・ファンを意味する「ドラッカリアン」なる造語も生まれている。 ドラッカーが生まれたのは、第一次世界大戦前の1909年。オーストリア・ハンガリー帝国の政府高官を父に持ち、幼少期から精神分析学者ジグムント・フロイト、経済学フリードリヒ・ハイエク、政治家トマス・マサリクらと交友があった。フランクフルト大学在学中に、米国系の投資銀行に就職したが、世界恐慌のあおりで経営破綻(はたん)したため、地元の夕刊紙に転職。当時、台頭めざましいナチスのヒトラーに …… (引用元 コトバンク)