芸能人・経営者のおくやみ情報

カミーユ・フラマリオンNicolas Camille Flammarion

文学者[フランス]

1925年 6月3日 死去享年84歳

カミーユ・フラマリオン - ウィキペディアより引用

ニコラ・カミーユ・フラマリオン (Nicolas Camille Flammarion、フランマリオンとも。
1842年2月26日 - 1925年6月3日)は、フランスの天文学者、天文普及家、作家。
フランス天文学会 (Société astronomique de France) を創設する一方で、天文学の普及に尽力し、一般向けの著書を多く発表した。
1912年にはそれらが認められて、レジオンドヌール勲章を受勲した。
なお、書籍の出版・販売事業を手掛けるフラマリオン・グループの創設者エルネスト・フラマリオンは、弟に当たる。
生涯 1842年にオート=マルヌ県モンティニー=ル=ロワで生まれた。
1858年にパリ天文台の共同研究者として、天文学者の第一歩を踏み出した。
1883年にはジュイヴィー=シュル=オルジュ天文台を設立し、1887年に、フランス天文学会を創設した。
学会では初代学会長として、月報の出版を主導した。
1892年には、『火星とその居住可能性の諸条件』を出版した。
彼は、この中で、詳細な分析と観測に基づき、火星にはカナリと海があり、火星人が住んでいるとした。