芸能人・経営者のおくやみ情報

ラウール・クタール 氏Raoul Coutard

撮影監督[フランス]

2016年 11月8日 死去享年93歳

Raoul Coutard ラウール・クタール表記が一般的である。  フランスの撮影監督、映画監督。  1924年9月16日、パリ生まれ。  ヌーヴェル・ヴァーグの時代のジャン=リュック・ゴダール、フランソワ・トリュフォーの代表作を手がけたことで知られる。 主な作品: 勝手にしやがれ(1960) ピアニストを撃て(1960) ローラ(1961) 女は女である?(1961) ある夏の記録 Chronique d'un été (1961) 突然炎のごとく ジュールとジム(1962) 女と男のいる舗道(1962) 小さな兵隊?(1963) カラビニエ?(1963) 軽蔑(1963) 柔らかい肌(1964) はなればなれに(1964) 立派な詐欺師?(1964) 恋人のいる時間?(1964) アルファヴィル(1965) 二人の殺し屋?(1965) 気狂いピエロ(1965) ザ・スパイ?(1966) メイド・イン・USA?(1966) 彼女について私が知っている二、三の事柄(1967) ジブラルタルの追想?(1967) 中国女?(1967) ウイークエンド?(1967) 黒衣の花嫁(1968) Z(1969) 告白(1970) 警視の告白?(1971) パッション(1982) カルメンという名の女?(1983) マックス、モン・アムール(1986) 愛の誕生?(1993) 白と黒の恋人たち?(2001) (引用元 Hatena Keyword)