芸能人・経営者のおくやみ情報

ロバート・ライアン 氏Robert Ryan

俳優[アメリカ]

1973年 7月11日 死去享年65歳

ロバート・ライアン - ウィキペディアより引用

 Robert Ryan  アメリカの映画俳優。  1909年11月11日、シカゴ生まれ。両親はアイルランド移民。父はローマ・カトリック、母は英国国教会系の監督教会信徒の建築家ティモシー・ライアン。  1927年、イエズス会のロヨラ学院を卒業し、東部のダートマス大学に入学。大学新聞の編集に関わり、フットボール・チームに所属。新人として初めてヘビー級のボクシング・チャンピオンとなる。  1932年に大学を卒業。その後数年間、さまざまな仕事につく。  1939年3月11日、女優ジェシカ・カドウォレイダーと結婚。   1940年、パラマウント社と契約。B級映画『黄金のグローブ』Golden Gloves(1940)のボクサー役で映画デビュー。その後数本の映画に出た後、パラマウント社との契約が切れる。  RKO社と契約、数本の映画に出た後、1944年1月、海兵隊に入隊。キャンプ・ペンドルトン海兵隊訓練基地で歩兵訓練教官となる。  除隊後、ユダヤ人差別を扱った問題作『十字砲火』(1947)で注目を集め、ボクシング映画『罠』(1949)以後、フィルム・ノワール、西部劇、戦争映画と50年代ハリウッド・ジャンル映画を代表する主演級のスターとなる。 1973年7月11日、ニューヨークにて肺ガンのため死去。 代表作に、フィルム・ノワールの『罠』(1949)、『危険な場所で』(1952)、戦闘映画『最前線』(1957)、アースキン・コールドウェル原作の異色ドラマ『神の小さな土地』(1958)、末期フィルム・ノワールの『拳銃の報酬』(1959)がある。 主な映画出演作: 『夫は還らず』(1943) 『浜辺の女』(1947) 『十字砲火』(1947) 『ベルリン特急』 …… (引用元 Hatena Keyword)

「ロバート・ライアン」と関連する人物(故人)