芸能人・経営者のおくやみ情報

今西祐行 氏(いまにしすけゆき)

児童文学作家[日本]

2004年 12月21日 死去心不全享年82歳

今西 祐行(いまにし すけゆき、1923年10月28日 - 2004年12月21日)は、日本の児童文学作家。
来歴・人物 大阪府出身、奈良県生駒市育ち。
早稲田高等学院、早稲田大学文学部卒業。
早大在学中に早大童話会に入り、坪田譲治主宰の「びわの実学校」の同人となり創作活動を始める。
および早大在学中に学徒出陣、原爆投下翌日の広島に救援隊として行ったことが、『あるハンノキの話』と『ヒロシマのうた』の素材となった。
1941年に大久保同胞教会(現在の日本基督教団新宿西教会)にて受洗したキリスト教徒である。
1956年、「ゆみこのりす」他で児童文学者協会新人賞、1965年の『肥後の石工』で日本児童文学者協会賞と国際アンデルセン賞国内賞など、69年、『浦上の旅人たち』で野間児童文芸賞、81年、『光と風と雲と樹と』で小学館文学賞、日本児童文芸家協会賞、86年、『マタルペシュペ物語』二部作で路傍の石文学賞、91年、『今西祐行全集』で芸術選奨文部大臣賞および赤い鳥文学賞特別賞を受賞。

児童文学作家。 代表作の『肥後の石工』は日本児童文学者協会賞と国際アンデルセン賞国内賞を受賞している。 また、子供たちの教育に土を耕すことを取り入れることを提唱、「菅井農業 小学校」を開き、作物を育て、その収穫にいたる過程を親子で学べる場として提供していた。 (引用元 Hatena Keyword)

「今西祐行」と関連する人物(故人)