芸能人・経営者のおくやみ情報

村井吉敬 氏(むらいよしのり)

社会経済学者[日本]

2013年 3月23日 死去享年71歳

村井 吉敬(むらい よしのり、1943年8月20日 - 2013年3月23日)は日本の経済学者。
専門は東南アジアの経済史。
千葉県生まれ。
早稲田大学政治経済学部卒業。
上智大学外国語学部教授、早稲田大学アジア研究所客員教授を経て、早稲田大学アジア太平洋研究所上級研究員、アジア研究機構教授。
父は元早稲田大学総長の村井資長。
インドネシアを中心に東南アジアの開発問題を研究し、その過程で日本のODA政策がこれらの地域を開発するどころか、文化や環境の破壊を促していると批判している。
2013年3月23日、69歳で死去。
著書 単著 『スンダ生活誌――変動のインドネシア社会』(日本放送出版協会[NHKブックス]、1978年) 『スラウェシの海辺から――もうひとつのアジア・太平洋』(同文館出版、1987年) 『エビと日本人』(岩波書店[岩波新書]、1988年) 『サシとアジアと海世界 環境を守る知恵とシステム』(コモンズ 1998年) 『グローバル化とわたしたち――国境を越えるモノ・カネ・ヒト』(岩崎書店、2006年) 『エビと日本人II――暮らしのなかのグローバル化』(岩波書店[岩波新書]、2007年) 『ぼくが歩いた東南アジア 島と海と森と』(コモンズ 2009年) 『パプア 森と海と人々』(めこん 2013年) 共著 (甲斐田万智子)『誰のための援助?』、岩波書店(岩波ブックレット)、1987年 (内海愛子)『シネアスト許泳の「昭和」 - 植民地下で映画づくりに奔走した一朝鮮人の軌跡』、凱風社、1987年 (内海愛子)『赤道下の朝鮮人叛乱』、勁草書房、1987年 (西川潤)『越境民主主義時代の開発と人権』、明石書店、1995年 (佐伯奈津子)『インドネシア - スハルト以後』、岩波書店(岩波ブックレット)、1998年 (佐伯奈津子・久保康之・間瀬朋子)『スハルト・ファミリー ……

1943年千葉県に生まれる。1966年早稲田大学経済学部卒業。専攻は東南アジア社会経済論。現在、上智大学外国語学部教授。同アジア文化研究所所員。 鶴見良行の影響下で、日本と東南アジアとの知られざる関係をフィールド・ワークする。 著書、「エビと日本人」(岩波新書)など。 (引用元 Hatena Keyword)

「村井吉敬」と関連する人物(故人)