芸能人・経営者のおくやみ情報

久和ひとみ 氏

ニュースキャスター[日本]

2001年 3月1日 死去子宮がん享年40歳

久和 ひとみ(くわ ひとみ、1960年9月25日 - 2001年3月1日)は、日本のニュースキャスター。
趣味、特技はクラシック音楽、相撲観戦。
夫はテレビ朝日ディレクターの小林雄高。
生涯 東京都武蔵野市出身。
東京都立国立高等学校卒業。
1980年、早稲田大学政治経済学部政治学科入学。
東京の民放キー局受験に失敗したこともあり、1984年に早大卒業後は、テレビ朝日の『CNNデイウォッチ』初代キャスターとなった。
その後、『モーニングショー』にもリポーターとして出演。
その後、テレビ朝日での経歴を買われ、1989年4月、TBSと契約。
荒川強啓とともに、ローカルニュース『テレポート6』キャスターとして起用された。
番組は久和登場後1年で終了し、『JNNニュースコープ』と統合されて『JNNニュースの森』となったが、引き続きメインキャスターを務めた(荒川は1993年春に降板し、パートナーは杉尾秀哉に交代)。

ニュースキャスター。 1960年9月25日生まれ、東京都出身。 早稲田大学政治経済学部卒業後の1984年に、テレビ朝日の「CNNデイウォッチ」に出演。 1989年4月よりTBSの「テレポート6」、引き続き「ニュースの森」などでメインキャスターを務める。 その後、コロンビア大学に留学。 帰国後の1999年10月、テレビ東京「TXNニュースアイ」のメインキャスターに起用される。 しかし、2000年10月、体調不良を理由に降板。 2001年3月1日に、ガンで逝去。享年40。 向学心に燃えるも経済的に厳しい学生を援助する奨学金「久和ひとみスカラシップ」が設立された。 (引用元 Hatena Keyword)

「久和ひとみ」と関連する人物(故人)