芸能人・経営者のおくやみ情報

レオ・レオニ 氏Leo Lionni

絵本作家イラストレーター[オランダ→イタリア→アメリカ]

1999年 10月11日 死去享年90歳

レオ・レオニ(オランダ語: Leo Lionni、1910年5月5日 - 1999年10月11日)は、アメリカ合衆国、イタリアのイラストレーター、絵本作家。
レオ・レオーニと表記されることもある。
生い立ち 1910年、オランダのアムステルダムにて、ダイヤモンドカッター工の父ルイス・レオニ(レオが9歳の時に公認会計士の資格を取得する)と母エリザベト(後にウィレム・メンゲルベルクに見出されオペラ歌手として活躍)の間に生まれた。
家はユダヤ人の裕福な家庭で、コレクターの叔父の影響で、ピカソやクレーなどの芸術に囲まれて育った。
また市長から特別許可を得たことで、自宅から徒歩圏内にあったオランダ王立美術館の石膏像の部屋でのデッサンが許されていた。
学生時代はベルギーのブリュッセル、アメリカのフィラデルフィアへの引越しを経た後、14歳の時にイタリアのジェノヴァに移住し、その後スイスのチューリッヒ大学にて経済学を学ぶ。

Leo Lionni 絵本作家、グラフィックデザイナー。 1910年5月5日、オランダのアムステルダム、生まれ。1999年10月11日、イタリアで死去。 1939年、アメリカに亡命。その後、アメリカとイタリアを行き来する生活を送った。 (引用元 Hatena Keyword)

「レオ・レオニ」と関連する人物(故人)