芸能人・経営者のおくやみ情報

笠置シヅ子 氏(かさぎしづこ)

女優歌手[日本]

1985年 3月30日 死去卵巣がん享年72歳

笠置シヅ子 - ウィキペディアより引用

笠置シヅ子(かさぎ シヅこ、本名:亀井静子、1914年(大正3年)8月25日 - 1985年(昭和60年)3月30日)は、日本の歌手、女優。
戦後、「ブギの女王」として一世を風靡した。
来歴・人物 香川県大川郡相生村(現・東かがわ市)に生まれる。
諸事情あり生後間もなく、大阪市福島区の米屋の養女となったが、シヅ子が自身の出生について気づくのは後年になってからであった。
1927年(昭和2年)、小学校卒業後、宝塚音楽歌劇学校(現・宝塚音楽学校)を受験、歌・踊りは申し分ない実力をもちながら不合格となる。
理由は当時のシヅ子が上背が小さい上、極度の痩せ型であったため、過酷な宝塚生活に耐えられないのではとの学校側の判断があったという。
しかし同年「松竹楽劇部生徒養成所」(OSK日本歌劇団のかつての養成学校・日本歌劇学校の前身)を受験し合格、娘役・三笠静子の芸名で『日本八景おどり』で初舞台を踏む。
その後、1933年(昭和8年)、『秋のおどり・女鳴神』の演技でスターの仲間入りを果たす。
1935年(昭和10年)、崇仁親王が三笠宮を名乗ったのを機に、三笠を名乗るのは恐れ多いと笠置シズ子と改名し、1938年(昭和13年)「帝国劇場」で旗揚げした「松竹樂劇団」に参加。

【かさぎしづこ】 歌手,女優。戦後初期を代表する女性エンターテイナー。香川県出身。13歳で大阪松竹楽劇部(大阪少女歌劇団の前身)に入り,力強いステージで注目された。戦後のジャズ解禁に伴い1947年発表した《東京ブギウギ》が大ヒット,さらに《買物ブギ》《ジャングル・ブギ》などのヒットで〈ブギの女王〉と呼ばれ一世を風靡。その後も舞台・テレビなどで活躍した。→関連項目歌謡曲 (引用元 コトバンク)