芸能人・経営者のおくやみ情報

椎名麟三 氏(しいなりんぞう)

作家[日本]

1973年 3月28日 死去享年63歳

椎名麟三 - ウィキペディアより引用

椎名 麟三(しいな りんぞう、1911年10月1日 - 1973年3月28日)は、日本の小説家である。
本名は大坪 昇(おおつぼ のぼる)。
父・大坪熊次(おおつぼ くまじ)と母・みすの、の長男として、兵庫県飾磨郡曾左村之内書写村(現・姫路市書写東坂(ひがしさか))に出生。
両親ともに愛人を持ち、のちに父母ともに自殺した事から困窮し、14歳で家出。
旧制姫路中学を中退し、果物屋での20時間労働、飲食店の出前持ち、燐寸工場の鉄具ひろい、コック見習いなどの職を転々とした。
宇治川電気(現・山陽電鉄)の車掌時代にカール・マルクスを読みはじめるとともに日本共産党に入党。
1931年(昭和6年)に特高に検挙された。
獄中で読んだニーチェ『この人を見よ』をきっかけに転向。
その後ニーチェの『大いなる正午』をきっかけに哲学にのめり込む。
エッセイ「蜘蛛の精神」によれば、キルケゴール、ジンメルなどを師とあおぎ、後に入信することとなるキリスト教に関する知識を得た。
小説に関してはドストエフスキーとの出会いを通して「小説なるものの真の意味」を知ったと述べている。

しいなりんぞう [生]1911.10.1.姫路[没]1973.3.28.東京小説家。本名,大坪昇。職業を転々とする下積みの青春時代を過した。敗戦後の現実を背景に人間存在や思想の意味を懐疑し,現代における生の可能性を問うという実存的なテーマの『深夜の酒宴』(1947),『重き流れのなかに』(47)でたちまち戦後派文学の代表作家と目された。死からの解放,極貧層との連帯感から生の肯定を主題とした『永遠なる序章』(48)へと進み,キリスト教への接近を深めながら,『自由の彼方で』(53~54),『美しい女』(55)などの自伝的長編では平凡愚劣な現実を全体として強く肯定する態度を貫いて新境地を開いた。ほかに小説『深尾正治の手記』(48),『罠と毒』(60),戯曲『タンタロスの踊り』(56),『蠍(さそり)を飼う女』(60)など。 (引用元 コトバンク)