芸能人・経営者のおくやみ情報

ニールス・フィンセンNiels Ryberg Finsen

生物学者、科学者[デンマーク]

(ノーベル生理学・医学賞受賞)

1904年 9月24日 死去享年45歳

ニールス・フィンセン - ウィキペディアより引用

ニールス・リーベング・フィンセン(Niels Ryberg Finsen, 1860年12月15日 - 1904年9月24日)はデンマーク・フェロー諸島の内科医、科学者。
1903年、疾患の治療への貢献、特に尋常性狼瘡への光線治療法により、医学に新しい道を開いたことを評し、ノーベル生理学・医学賞が授与された。
彼がデンマーク人で最初のノーベル賞受賞者である。
フェロー諸島のトースハウンにて四人兄弟の二人目として生まれた。
1864年、彼が4歳の時、母親が他界し、父親は母親の従兄弟と結婚し、六人の子供を持った。
1871年、父親がフェロー諸島の知事となる。
彼は初期の教育をトースハウンで受けたが、1874年、デンマークの寄宿学校Herlufsholmに送られた。
ここは彼の兄も学んだところであった。
彼は兄と異なり、学校生活は厳しい物であり、校長から「良い心の少年だが、技術も能力も低い。
」との評価を受けた。
この評価は後の彼の研究及び調査と正反対となっている。
低い成績の結果、1876年、父の母校であるレイキャヴィークのLærði skólinnに入学した。