芸能人・経営者のおくやみ情報

シュザンヌ・ヴァラドンSuzanne Valadon

画家[フランス]

1938年 4月7日 死去享年74歳

シュザンヌ・ヴァラドン - ウィキペディアより引用

シュザンヌ・ヴァラドン(Suzanne Valadon, 1865年9月23日 - 1938年4月7日)はフランス、モンマルトルの画家。
画家になる前は、著名な画家のモデルでもあった。
本名はマリー=クレマンチーヌ・ヴァラドン(Marie-Clémentine Valadon) 。
画家モーリス・ユトリロの母である。

ヴァラドンは、オート=ヴィエンヌ県ベッシーヌ=シュル=ガルタンプで貧しい洗濯女の私生児として生まれた。
1870年に母マドレーヌとともにパリへ移り住み、10代の初めから様々な職に就いた。
一時期、あこがれていたサーカスのブランコ乗りになるが、ブランコから落ちて負傷しブランコに乗れなくなったため、10代後半で絵画モデルになる。

ピエール=オーギュスト・ルノワール ルノワールの「ブージヴァルの舞踏会」、「都会のダンス」(オルセー美術館蔵)、パリ大学大講堂にあるピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ シャヴァンヌ作「聖なる森」、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック ロートレックの「二日酔い」は、ヴァラドンがモデルである。
当世一流の画家たちの仕事に接することによって、彼女もまた画家を目指すようになった。