芸能人・経営者のおくやみ情報

出光佐三 氏(いでみつさぞう)

出光興産 創業者[日本]

1981年 3月7日 死去享年95歳

出光佐三 - ウィキペディアより引用

出光 佐三(いでみつ さぞう、1885年8月22日 - 1981年3月7日)は、日本の実業家・石油エンジニア。
石油元売会社出光興産の創業者。
来歴・人物 弟の出光計助は1966年10月から1972年1月まで第2代社長。
長男の出光昭介は1981年6月から1993年5月まで第5代社長。
また、九州地方でガソリンスタンドを展開する新出光(それまでは資本関係がなかったが、2005年に出光本体への出資が決定)の創業者・出光弘とも兄弟関係にあった。
新出光社長の出光芳秀は甥で、その妻が推理作家の夏樹静子である。
佐三は故郷である福岡県の宗像大社を厚く信仰していた事で知られる。
1885年(明治18年)8月22日 福岡県宗像郡赤間村(現・宗像市)に生まれる。
父は藍問屋を営む出光藤六、母は千代。
1901年(明治34年) 福岡市商業学校(現・福岡市立福翔高等学校)に入学。
1905年(明治38年) 神戸高等商業学校(現・神戸大学)に入学。
1909年(明治42年) 同校卒業。
卒業論文は「筑豊炭及び若松港」。
当時同校の卒業生は海運会社の社員に就職するのが普通だったが、神戸で小麦粉と石油を扱う酒井商店に丁稚として入店。

いでみつさぞう [生]1885.8.22.福岡[没]1981.3.7.東京実業家。1909年神戸高等商業学校(現神戸大学)卒業後,神戸の貿易商に勤めたが,11年独立して門司に出光商会を開き,機械,石油の輸入と販売で成功,37年貴族院議員となる。40年出光興産として改組設立,以来石油の精製販売で独自の発展をとげている。特に第2次世界大戦後の石油業界は各社とも国際石油資本と提携したのに対して,民族資本,民族経営を掲げ,また他社にさきがけて自社タンカーによる原油輸送を開始して,その後のタンカーのマンモス化競争のトップを切るなど,その経営方針は佐三の強力なリーダーシップによるものである。たくましい企業家精神と事業に対する闘志の反面,人間尊重,家族主義および奉仕主義の経営で,産業界においてユニークな存在であった。 (引用元 コトバンク)

「出光佐三」と関連する人物(故人)