芸能人・経営者のおくやみ情報

尾崎豊 氏(おざきゆたか)

歌手[日本]

1992年 4月25日 死去享年28歳

尾崎豊 - 歌手

尾崎 豊(おざき ゆたか、1965年11月29日 - 1992年4月25日)は日本のミュージシャン、シンガーソングライター。
青山学院高等部中退。
血液型はB型。
概略 1983年12月、シングル「15の夜」とアルバム『十七歳の地図』でデビュー。
破滅的で体当たりなパフォーマンスや自己の内面を抉り出すような赤裸々な歌詞の中で、真実の愛や夢、生きることの意味を追い求め、学校や社会の不条理に立ち向かう心の叫びのようなその音楽の世界が1980年代から1990年代初頭にかけての若者を中心に 多くの人から共感を呼び、カリスマ的存在となる。
その作品と活動と精神性は、日本の音楽シーンに多大なる影響を与え、作品に迸るメッセージは死去から20年以上経過した現在でも多くのファンやミュージシャンに尊敬されている。
1992年、あまりにも若すぎる26歳での突然の死は、当時、社会的にも大きな衝撃を与えた。
死後20年を過ぎてもなお、尾崎を慕うものは絶えず、新たなファンを生んでおり、彼が遺した曲の数々は多くのアーティストにカバーされ続けている。

1965年11月29日、東京都世田谷区自衛隊中央病院にて生れる(生家:練馬区)。 1983年12月1日、シングル「15の夜」アルバム「十七歳の地図」でデビュー。 大人や社会に対する不信や不安などをストレートな言葉で歌い上げ、若者の絶大な共感を呼び支持された。 マスコミからは「10代の代弁者」「若者のカリスマ」「教祖」などと呼ばれた。 また高橋克典とは同じ高校*1の先輩後輩の間柄。 吉川晃司、岡村靖幸などは親友として知られる。 1992年4月25日死去。享年26歳 (引用元 Hatena Keyword)

「尾崎豊」と関連する人物(故人)